人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『冷静なご意見』を聞いてみたいのです。

このようなことがありました。

北海道積丹町の積丹岳で2009年に遭難した遺族が道を相手取り、4180万円の損害賠償を請求しました。
最高裁は上告を退ける決定を出し、道におよそ1800万円の賠償を命じた判決が確定しました。
NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161201/k10010791721000.html
時事
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120100766&g=soc

私は疑問が残りましたのでネットで調べると色々分かるのですが、私の聞きたいのは次の事です。

・ニュースを見て世間の反応やコメント等、なにかおかしいと感じたら自分なりに『信頼できると思われるソース』を探しますか?

・『自分の考えの根拠が正しいのかどうか』を考えることはありますか?

・この件でNHK、時事等を読んでの感想と、詳しい情報(特に4ページ6行目)を知った時の感想は変わりますか?

以下詳しい情報を書き添えます。
TKCローライブラリー
https://lex.lawlibrary.jp/commentary/pdf/z18817009-00-021551238_tkc.pdf

--追記 2016/12/03 10:07--
以下、TKCローライブラリーの記事に書かれていた弁護士溝手康史さんの見解
http://www5a.biglobe.ne.jp/~mizote/sangakukyuujyohtm.htm

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

> ・ニュースを見て世間の反応やコメント等、なにかおかしいと感じたら自分なりに『信頼できると思われるソース』を探しますか?

についてはわざわざソースは調べません。
特に専門分野に関する事柄で顕著なのですが、
たとえ違和感を感じたとしても、自分自身の能力の限界として、
新たに見出した情報から正しい理解を引き出せる保障はないからです。

その一方で、おかしい事はおかしい事としてそのまま片付ける事もありますね。
一例として、女性天皇の問題をNHKがニュースで取り上げた際、
専門家として紹介された人が
「日本の歴史上、女性天皇は1人もいない」と言った事があるのですが、
推古天皇、持統天皇など女性天皇は4人いるという事を知識として知っていましたので、
その専門家とやらは偽者だと結論して終わりにしました。

> ・『自分の考えの根拠が正しいのかどうか』を考えることはありますか?

こちらは常々意識しています。
自分のかつての理解が間違っていたならば、
その知見を自分の新たな理解として上書きしますよ。


> ・この件でNHK、時事等を読んでの感想と、詳しい情報(特に4ページ6行目)を知った時の感想は変わりますか?

3つのリンク先の文章を精査しましたけれども、特に感想は変わりません。
2つのニュース記事(2016/12/1)が最高裁の判断である事、
TKCローライブラリーの記事(2015/6/26)が高等裁の判決を解説したものである事
なども考慮しての結論です。
正直、質問者さんがどんな違和感を感じたのか私には推測する事すらできませんでした。


匿名質問者さんのコメント
冷静なご回答ありがとうございます。 まずはじめに私の違和感についてですが、質問内容は「なにについて違和感があったのか」を推測されないようにしました。 質問者の違和感の内容で回答内容に影響が及ばないようにと思いました。 申し訳ありませんでした。質問した人としてのマナーだと思うので後々補足で追記します。 また私のご回答へのコメントによっても、なんらかの影響を避けるために、個別のご回答に対するコメントは控えますが、回答に対する感謝の気持ちは当然のようにあります。 重ねてご回答ありがとうございます。

匿名回答4号さんのコメント
誤;女性天皇は1人もいない。 正;女性天皇はいたが、女系天皇は一人もいない。

匿名回答1号さんのコメント
4号さんthx.なるほど、問題点を把握しました。 愛子様と秋篠宮家の悠仁親王がご結婚でもなさらない限り、 男系の伝統が途絶えかねないという事ですか。

匿名回答1号さんのコメント
1ページ目にある「2172号77項」で検索する事によって、 追加されたリンクについては昨日のうちに見つけてあります。 高裁判決の原文にあたろうと裁判所の公開している判例データベースに この事件番号などを入れたところヒットしないのですが、 ストレッチャーのキーワードで検索しても他の判例しか出てこないので、 元々収録されていないという事なのだと思います。 実を言うと、最近匿名質問に人の揚げ足取りばかりする 変な人が出没するようになったので多少警戒していました。 溝手弁護士の解説については、だいぶバイアスがかかっており、 理論の飛躍も認められると感じる部分さえあるものの、 いろいろと気づかされる事の多い示唆に富む良記事というのが読んでの感想。 1審と2審の論点の違いなどについても解説されていますね。 > (特に4ページ6行目) についても「9)」とありますから、 この山岳家でもある溝手弁護士の主張であるようです。 でもその9)については考慮するに値しないはずなんですよね。 判決はこうなっているからです。2ページ目、 >> 3 救護義務違反の有無 救 助隊員は、山岳遭難救助養成講習会の課程を修了 した者、又は登山及び遭難救助技術に熟練し隊員 としての要件を具備している者から選ばれ……、 <b>選ばれた救助隊員は必要な訓練を受けることとさ れていること</b>……をも考慮すれば、 「『ひと回りふた結 び』の結び方で枝に結ぶと、結び目の輪が枝の先 の方にすべり、しなった枝から抜け落ちるおそれ のあることは、容易に予見できた」。「ハイマツに 結束するに当たっては、……根元に近い幹の部分 に、荷重がかかると結び目の輪が締まる結び方で 結束すべきであった」。また、「滑落のおそれがあ るにもかかわらず、救助隊員がAのそばを離れな ければならなかったとは認め難い。」 以上により、「ハイマツへの結束方法及び…… ストレッチャーのそばから離れた……行動は、明 らかに合理的とは認められない」。 << 要点を強調してあります。 もし、その違和感というのが 技術が未熟なのだから責任を負わされるのはちょっとどうなんだろう、 というようなものであるならば、 技術が未熟なのは、 受けるのが当たり前と規定されている訓練を受けていないか、 訓練課程、あるいはその後の運用のいずれかに問題があるからであろう、 というのが上記判決文から受けた私の印象になります。 だから9)の意見に賛同もせず、感想も変わらなかったわけです。 2つのニュース記事から分る事というのは、 ストレッチャーに乗せられた状況、 つまり一度救助され保護された状態であるにもかかわらず、 そのストレッチャーごと滑落したという事で、 過失の有無についてもおそらくそこが争点なのだろう と推察するのに困難を伴うことはありません。 また、あるいは今回の上告棄却がきっかけとなって、 訓練課程が全国的に見直される、なんて事もあるかもしれません。 決して悪い側面ばかりじゃないと思うのですがね。

匿名質問者さんのコメント
コメントありがとうございます。やさしい言葉なので理解しやすいです。 補足説明追加しました。能力の限界もあり、投稿時間が遅れたことや、内容の不備などお許しください。 なにかご意見などありましたら教えていただけると幸いです。

匿名回答5号さんのコメント
女系天皇と聞き間違えたのでは?

匿名回答4号さんのコメント
女性天皇は十代八人、女系天皇は一人もいない。

2 ● 匿名回答2号

・『冷静なご意見』を聞いてみたいのです。
→むかしから傍目八目といいます、どのニュースにも熱中できるほど若くないですしむしろ冷静でないほうが難しいですけど、質問者さんはなにか混乱することがあったのでしょうか?

・ニュースを見て世間の反応やコメント等、なにかおかしいと感じたら自分なりに『信頼できると思われるソース』を探しますか?
→速報はどれも字数に限りがあるので、おかしいと思えば9割がたおかしいですが、それは「この記事がおかしい」と思うのではなく「よく知らない事件だ」と思うだけです。興味がある案件でおかしいとおもったら、ソースを探すこともあります。でも、そこまでせずとも、あとから情報をまとめてくれたサイトを流し読んでようやくその事件に触れたのだと思うことのほうが多いですね。


・『自分の考えの根拠が正しいのかどうか』を考えることはありますか?
→「根拠」にかぎらず、自己検証しながら読むのはどの情報摂取においても大事なことです。考えとか根拠までを速報に求めていないといえます。


・この件でNHK、時事等を読んでの感想と、詳しい情報(特に4ページ6行目)を知った時の感想は変わりますか?
→3つめリンクの詳しい情報をよんでようやく少々感想のようなものがわきますが、1?2つめのリンクの裁判の結果速報は、1審、2審などを読んで知っている人や、それをしらなくても業務にフィードバックのある人へ意味があることでしょう。自分には特に関係ないやとおもうだけです。
損害賠償は手落ち、過ちがなければ成り立たないので、質問者さんは法学を少なくともかじったことはあるのでしょうか。結び方が正しくても滑落した場合はどうなったか、などいろいろ考えさせられるように書いてある3つ目の記事ですが、これもまだ事件当事者の5割以下の情報量でしょう。なぜ、どんなつもりでひとりで山に登ったか、自信と体力と技術がバランスとれていたのか、不運な災害なのかなど。
裁判自体も、すごく人間臭く進められるものだと自分は思っています。仕事で全文読むこともあります。さらに裁判傍聴が趣味の人の本なども読みます。
新聞記者とはいえ何かから転載をするWELQ(閉鎖)みたいな人も増えましたが、実物を読んだり知ったりしていると、言葉遣いから胡散臭いものときちんと要を得た表現をかぎ分け、読み分けるようになりますよ。
記事よりさらに「世間の反応」は特に無視すべきものです。「世間」と自称する胡散臭い意見の集まりはまったく取るに足らないのに、オリンピックエンブレムなどケチをつけるときに援用されるようになったので、きちんとした理論、証拠、法律が無視されてしまう傾向は憂慮しています。


匿名質問者さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 >質問者さんはなにか混乱することがあったのでしょうか? かなりありました。愕然としました。混乱するというかセルフダウトというか・・・。 なので皆様の冷静なご意見をお聞きしたくて質問しました。 はてなで質問したのは、しっかりとした方々が回答してくれますので、とても参考になるからです。回答者さんに救いを求めたかった。ともと言えます。 >質問者さんは法学を少なくともかじったことはあるのでしょうか。 まったくかじったことはありません。このニュースを知り、自分が判断をするために必要なので出来るだけ『救命活動中に何があったのか』を調べたらTKCローライブラリーの解説記事に行きついた。ということです。 私がお聞きした事以外の回答者さんからのアドバイスも含め、とても感謝しております。 重ねてお礼申し上げます。

3 ● 匿名回答3号

山岳遭難者の救助中に、遭難者を落してしまうというのは稀にありますよ
その都度、その自治体やら何やらが訴えられています。
救命活動も国家や自治体の事業?の一つですから、結果について賠償責任を負うのは当然です。
遭難者だから死んでも構わない、なんて扱いは許されないと言えます。
嫌なら、入山を禁止して、緊急通報手段も断ってしまうしか無いでしょうかね。

個人的にも、救命活動で人命と損なうとか恥ずべき愚行だと考えます。


匿名質問者さんのコメント
書き込みありがとうございます。 質問内容とは違うお答えですが、 『回答者さん同士の意見の相違』により荒れることを望んでないからあのような質問になりました。 しかし、意見の相違で荒れることが100%無いのであれば(彼は彼、我は我と考えられるのなら)ココに出入りしている方々の「事件に対する考え」や「裁判結果に対する考え」も4つ目の質問として聞いてみたいとは思っておりました。 しかし荒れるのが本当に嫌なのでやめました。 できることなら、これ以降回答される方々へのお願いですが、他の匿名回答者さんのお考えがたとえ自分とは逆だとしても荒れないようなご配慮をよろしくお願いします。 戻りまして、質問者が知りたくても怖くて質問できなかったことについての書き込み、素直に感謝しております。 ありがとう。

匿名回答3号さんのコメント
他の回答からすると、事件そのものより、裁判上の展開に疑問があったということでしょうか?? 訴訟展開は裁判所が関与する以外でも、当事者間で取引することもあるので、部外者が訴訟資料だけみても展開がよくわからないことが多いかと思います。 法学部だったり法曹関係者なら、関係者や情報通から補足情報を得られるのですが、 一般人だとマスコミ報道などで正しい解説がされないと誤解するかもしれませんね… 基本、裁判官は当事者双方から提供された主張や証拠に基づいて判断するので、裁判官が勝手に事情を考慮して配慮した訴訟展開をすることはできないでしょう。 当事者は当事者で自分たちの思惑で、裁判所抜きで隠密裏に取引もできるのです。

匿名質問者さんのコメント
すいません、補足説明遅れました。ごめんなさい。一番下に追加されてます。 僕が混乱したからと言って、回答者さんが推測して混乱してほしいわけありません。(><) ほんとうに申し訳ないです。

匿名回答3号さんのコメント
んーと、結局何が知りたかったのかなぁ…(´・ω・`); 投稿者の言葉?で、質問内容を聞きたかったかな。 参照urlとか、参照先がどこか分からないと怖いので基本的に踏みません。 あしからず。

匿名回答3号さんのコメント
補足を見て笑ったw 質問者は当事者双方の主張を見て振り回されているのねw そりゃ、訴訟ですからどっちも自分の正当性をこれ見よがしに主張します。 で、どっちを認めるかは裁判官次第です。 当事者の主張は当事者の権利主張で、それらを裁判所という公的機関が公共の利益の観点から選ぶのが裁判です。 公共=社会として、社会全体をより良い方向に発展させるには、どちらの主張を認めてやるのがよいか、ですね。 とっちが可哀そうかとか、安上がりかとかじゃないんですよ

匿名回答3号さんのコメント
あと、ネット民の中にみられるのは、被害者可哀そう感情論だとか、お前らばかり設けてずるい誰得論とか、書き手の勝手な主張見解が多いです。 例えば私なら社会の発展にどう役立つかで考えるので、福島原発で被害を受けた酪農家の自殺は東電に慰謝料を払わせて当然だと考えます。でも、ネット民は自殺は東電悪くないとか言って否定するでしょうね。

匿名質問者さんのコメント
コメントありがとうございます。追加の補足しておきました。 >質問者は当事者双方の主張を見て振り回されているのねw 当事者双方の主張を自分でなりに考えてました。 一度気になったことなので、理解を深めたいと思って。 >公共=社会として、社会全体をより良い方向に発展させるには、どちらの主張を認めてやるのがよいか、ですね。 >とっちが可哀そうかとか、安上がりかとかじゃないんですよ >あと、ネット民の中にみられるのは、被害者可哀そう感情論だとか、お前らばかり設けてずるい誰得論とか、書き手の勝手な主張見解が多いです。 いや、ぶっちゃけますけど、今回は凄かった。マジで。 普通は好き勝手書く人のもいるけどまともな意見もある。 今回はほぼ皆無。 登山を嗜む人々も『山に法を持ち込んでもらっては困る』という匂いや『訴訟で危険性を認識する人が多くなっては困る』という匂いで溢れてた。 知りたいこと(なにがあってどの程度の過失なの?)を理解するのに苦労した。ということです。

4 ● 匿名回答4号

たぞがれに県を罰して そのあまり易きに哭きて 人を憎まず(鐸木)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000153/files/816_15786.html
(啄木)たはむれに母を背負ひてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず。


匿名回答4号さんのコメント
昨年、長野県では過去2番目に多い273件の山岳遭難が発生しました。遭難者の9割近くが県外からの登山者でした。県警ヘリや県防災ヘリの費用は、県税から出されています。県民の間からは「せめてヘリ代など救助費用の実費だけでも請求できないか」との声も上がっています。 http://www.asahi.com/articles/SDI201605126272.html

匿名質問者さんのコメント
匿名回答4号さん回答ありがとうございます。 リンク先読みました。山岳救助の現状が書かれていました。参考になります。

5 ● 匿名回答2号

・ココに出入りしている方々の「事件に対する考え」や「裁判結果に対する考え」


少子高齢化でボランティアだよりになり伝承のない素人(に毛の生えたような救助隊員)がいきなり現場に出る事態はどこでも進んでしまっているのかもしれないとはおもいました。
この裁判結果がでたあとは、医療訴訟で産婦人科医(自然死産にも立ち会う機会が多い)が減ったあげく過疎化した町には出産したい女性が住めなくなるというのとおなじ構造が発生しそうなおそれがあるということです。
個人への気の毒だと思う気持ちや謝罪の気持ちと、裁判結果はどうにかして切り分けないと、必ずしも国民全体にとっていい結果にはなりませんということです。まあ、日本の裁判所には、これをみこして「判決に第三者効がない」という原則もあったのですが。行政でないと払いきれない額である以上、被害者は行政を訴えるし、裁判所は手落ちがあったなら行政が悪いから払えというし、行政はやはり、上告棄却されてすなおに支払わざるを得ない。そのうえで「難しい遭難者捜索や救助には未訓練の救助隊員は出せません」となる恐れはあります。ここが、リンクから読める範囲では、一番根の深い問題ですが、逆に一般化されやすい問題でもあります。


ところで、一般的なカタムスビ(二重結び)をしてしまって抜けたのだろうとおもいますが、モヤイムスビなどは立ち木に対してとっさに結べる人も多くないだろうとおもうのですが・・雪庇踏み抜きといい、非常に苦労なさっている様子がうかがえます。
二次遭難がなくてよかったなどというと被害者遺族には申し訳ありませんが、実際もっとひどくなり得たように見えます。


匿名質問者さんのコメント
匿名回答2号さんおはようございます。 別の方への御礼にも書きましたが、匿名回答2号さんのお考えを読み、私が感じた事を書くことは控えます。 お考えを知ることは、私自身が忘れがちな『人それぞれ考え方に違いがあること』を再認識するとても貴重でありがたいことです。 冷静なご意見ならなおさらです。 ありがとうございます。

1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ