人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

両親を離婚させたいと考えています。
母は難病のパーキンソン病なんですが、父は母の面倒を診ず、テレビを見てばかりです(一応1日数時間運転手をしています)。祖母の面倒も診ていなくて、一時期僕は母と祖母の2人の面倒を同時に診ていました。こんな父とはたびたび衝突しているのですが頑固な性格は直らず、おそらくこのような生活は、父か母か僕が死なない限り続くと思います。こんな生活は嫌なので、母の面倒を全面的に引き受けて暮らしたいと思っています。

心配なのは生活費、それと父が離婚届に判を押すかどうかです。預金はそこそこ貯めてあるのですが5年も10年も暮らせません。その前に物件か借りられるかどうか。私が介護をしながら職が見つかるかどうか(いま週1でデイケアに行かせています)、裁判に母が耐えられるかどうかです。

今、具体的に相談相手として考えているのが、弁護士とファイナンシャルプランナーです。しかしこの両者だけで、どうにかなるでしょうか?離婚経験者の方、専門家の方。あなたは経験上、何から手をつけ、どういう道筋をたどっていけばいいとお考えですか?具体的な方策をご教授いただければ幸いです。

●質問者: オサラギ マナブ
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 星河
●1000ポイント ベストアンサー

現在の日本では、離婚事件の相談に対応できる資格は弁護士だけです。
他の資格の人が対応すると弁護士法違反の疑いがあります。

お母様ご本人は、判断能力には問題がなく、お父様と離婚する意向が強い、ということでよいのでしょうか。
そうであるならば、速やかにお父様と別居してください。その上で、お父様に対して離婚を申入れ、応じてもらえないのであれば法的手続を進めてください。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ