人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(wikiによると)アメフラシですら持っているという「条件反射」の能力について質問です。

わたしは最近、「レモンを想像しても唾液が出ない」状態です。
以前はちゃんと唾液が出ていたと思います。

単に「唾液の量が減った」というわけではありません。
「酸っぱい感覚」が想起出来ないのだと思われます。
勿論、レモンに限らず梅干し等でも同じです。

「イメージがわかない」せいかと思いますが、これは何かの疾患なのでしょうか。
それとも老いによる鈍麻でしょうか?
(本を読んで情景を思い浮かべる等は出来ます)

思い当たることがある方、何卒ご教示ください。
宜しくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

しばらく、梅干しやレモンそのものを食べていないのでは。
味わっていない味覚は忘れてしまって当然です。
あーそろそろキャビアの味を忘れてしまうなー誰かたべさせてー。


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。 なるほど!「実際の酸っぱさを忘れている」という可能性ですね。 梅干しやレモンのような強烈な味は、一回でも味わえば忘れないものと思い込んでいましたが 案外ぼやけてくるのかもしれません。 実際に味わって、その感覚を植え付けなおしてみます。 1号様もキャビアを存分に召し上がって、生涯その味を舌に刻みつけられることを祈っております。

2 ● 匿名回答2号

睡眠障害などで疲れがたまっている場合は感覚が鈍ることがあります。


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。 確かに、慢性的な睡眠不足と週末の寝だめという悪循環が定着しています。 毎日している運動も地味に疲労の原因になっているかもしれません。 生活の見直しをしてみることにします。

匿名回答2号さんのコメント
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20081107/176615/?rt=nocnt 質の良い睡眠をとれば改善されます。 絶対的な睡眠時間が不足しているのではないかと思われますが、最低でも6時間は必要です。 就寝直前に神経を興奮させないことが大切です。

匿名質問者さんのコメント
再び回答ありがとうございます。 平日の睡眠時間は平均3、4時間です。 この状態は本当によくないですね。頑張って改善していきたいと思います。 寝る前のスマホもやめ…うう…やめたいです。 とりあえず6時間睡眠を目指します。

匿名回答2号さんのコメント
あなたは否定されるかもしれませんが、あなたの症状は依存症の典型例です。 情報依存症と言って、有名なものではネトゲ廃人とか知ってますよね。 依存症の症状として価値観の変化があります。 あなたの場合スマホ中毒ですから、あなたからスマホを奪おうとするものには敵対する心理が働きます。 自分は大丈夫だとか、自分に自分がついた嘘の言い訳を信じ込んで、現状を変えようとしません。 禁断症状もあり、健康被害も伴い、麻薬中毒と同じですから依存症なのです。 依存症の治療は自分が依存症であると理解するところから始まります。 完治には原因を取り除くしかありません。 スマホを捨ててガラケーにされることをお勧めします。 ネットで過ごす時間を自己規制できるようにならなければ破滅が待っていると理解して下さい。

匿名質問者さんのコメント
三度の回答有難うございます。 依存症ですか。確かに。 スマホには依存してませんが (寝る前、30分ほど漫画を読む程度なので。 「スマホをやめたい」と申しましたのは「ブルーライトが刺激になって入眠の妨げに云々」という点からです。最近では「ブルーライトは眠りの助けになる」という真逆の説もありますが) しかし、帰宅から寝るまで延々とPCに向かっています (片方の画面で何か読みながら、もう片方の画面で配信を見たりしています) 家に居て画面以外を見てることはほぼ無いです。 「依存」と言われると「対象物を取り上げられたら不安を感じる」というイメージがありますが 私の場合「PCに向かわない場合は何するの?」です。 やるとしたら、せいぜい本を読むか漫画を読むか、くらいですか。 いずれにせよ「何をするか」というよりも 「漫然と1つのことをやり続けて睡眠時間を削る」ということがネックな気がします。 最初におっしゃっていただいた様に、睡眠不足による疲労・ストレスは強いです。 最近では認知機能の衰えが甚だしいような気もします (レモン唾液を問題にしたのは、「脳がどうかなってるのか!?」という不安からです。 脳内にアミロイドβが溜まってきてるのか!?認知症の兆候か!?などです) あと、運動・食事に気を使っても寝てないせいで肥るという感覚がありますね。 適正な時間に眠れるように、切り替えるスイッチを導入したいと思います。

匿名回答2号さんのコメント
スマホの方ではなかったようですが、情報依存orネット依存と言えるでしょう。 ネットにつながっている時間を減らすべきです。 代わりに何をするか?ですが、一般的にはスポーツなどになると思います。 しかし、一気にやるのは無理。 とりあえずストレッチで身体を伸ばしたり、温泉などもお勧めです。 散歩や、休日には自転車で遠出したりもお勧め。 買い物に行くのに近所の量販店まで歩くとか自転車とかでも上等です。 脳みそは身体の中で一番大食らいです。 代謝の影響をもっとも受けやすい。 体力の立て直しが急務だと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ