人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フリーランスの方で海外移住またはノマド生活をしている方

私はフリーランス5年目のデザイナー女子です。
この数年間、家にこもりきりで仕事をしているため、
外に出たい!どうせなら環境を変えてどこか別の国に行って仕事をしてみたい!
と外に出たい欲求が爆発しております。

ちなみに収入は月に40万〜60万前後で、
最低限PCとWifiとたまにプリンタが使用できればお仕事ができる状況です。
英語はボディランゲージを含めれば何とか意思疎通ができる程度で、
話し込むなどの日常会話はできません。

と、かなり楽観的に「海外で仕事できるものならしたいなー」と考えているのですが、
現在フリーランスで海外生活をしている方。
また似たような経験のある方で海外生活の厳しさや楽しさについての体験談や、
海外ノマドに関するアドバイスを頂けたら嬉しいです!

質問がふわっとしていて申し訳ないのですが、
経験者の生の声が聞けましたらとても嬉しいです。どうぞ宜しくお願いいたします!

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

昔の言葉でいわゆる「居職」です。
主婦で家の中にいる人もこれに該当しますが、子供がいれば外にでられるところ、子供がいないために全く会話がないのがいやで働く人が結構います。
近所の喫茶店なりcafeでノマドを試せばわかるのですが、
結局「話し込む/込み入った話」ができなければ本当に会話中枢の満腹感は得られないのでは。

また、外国は電源事情が弱く停電しやすい国もあります。
無停電電源装置は必須でしょうね。

ま、それを乗り越えて移住した先輩もいらっしゃいますから漫画をどうぞ
フランスはとにっき|月刊COMICリュウ
あとはご自分で判断なさってください。


匿名質問者さんのコメント
なるほど。私もまさに会話がない日々を送っているため家にいること自体に嫌気がさしている状態です。主婦の方々も同じような思いをされている方がいるのですね。 会話中枢の満腹度という言葉、しっくりきました。そこを満たせない限りは家の中にいるのも、海外にバッと出てしまうのもあまり環境としては大差ない気がしますね…。大きな変化を求めて海外に出ても自分のスタンスが変わらなければ、どこへ行っても同じなのかなと思い始めてきました。 停電しやすい国は避けつつ、移住した方のコミックを読ませて頂きたいと思います。 本屋さんなどでも移住した方の本が置いてあるコーナーに行って色々読んで見ます。 アドバイスありがとうございました!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ