人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

海外商品の発掘とその紹介はビジネスになりますか?
海外に行くと、日本にない面白そうな家電を見かけることがあります。
日本で売ればヒットするのに、と思うものもよくあります。
しかし、海外メーカーとやり取りし、すべて自分で仕入れて販売するだけの余裕はありません。
そこで、興味がありそうな日本のメーカーに商品を紹介し、売れた分だけ海外メーカーから報酬をいただけるようなビジネスを考えてみました。海外と日本の間に立って橋渡し役になる、というものです。
このようなビジネスは日本で成り立つものでしょうか?事例があれば、それも教えてほしいです。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

ドロップシッピング。ちなみに次の答えに「ここが有利なドロップシッピングサイトでお勧め♪」ってかいてあったら100%広告です。


匿名質問者さんのコメント
ドロップシッピングは詐欺まがいのイメージがあります。実際はどうなのでしょうか?

匿名回答1号さんのコメント
メーカーは自社に技術をとりこんで工場をまわさないといけない。 あなたが必要としているのは国内営業力と契約の知識だし、 あなたがやろうとしているのは個人商社とか貿易商、雑貨商ってことです。 それをネットだの他人に肩代わりさせようとしても、無理ですよ。 なので、結果としてドロップシッピング(笑)とかドロップシッピング(詐欺)になってしまいます。

2 ● 匿名回答2号

円高の頃、そういう商売をしていた連中がオークションでよく出品していました。
最近では円安なので儲からなくて止めている業者が多い。
為替の差損を吸収するだけの資本と売り上げが必要なので生業としてやるのは長期的に見て採算が合いません。


匿名質問者さんのコメント
10%程度の利益だと為替の変動ですぐ吹っ飛びそうですね。良い方向に行けば倍ぐらい利益はでますけどね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ