人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

旧制高校について質問です。原則として全寮制というのが多かったのでしょうか。経営母体ですが、国立、府県立、私立があったのでしょうか。
ナンバースクールが、八番までしかないのも、疑問に思っていました。

第一高等学校は、全寮制ということで、実家が近くても遠くても入寮が義務ということが、とても話題になります。一方、東京高等学校は違ったようです。
では、たとえば、三高はどうだったのでしょう。全員入寮なのか、どうか、というルールについて質問させてください。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

全寮制は福利厚生施設です
要するに、その時代の学問はまだ富裕層の娯楽程度であり、働きもせず無駄に学問を積むことは人生の浪費とみられる時代
働くよりお得感を出すために、全寮制でお得ですよ?と募ったもの。
そんな学問の道に進むのは、一家の次男三男など将来に不安のある者。家に居るより食い扶持を減らす方が歓迎された存在。
もっと即物的に金が必要な者は軍隊に入った。


匿名質問者さんのコメント
福利厚生なのですね。旧制高校への進学者は、基本的には富裕階層出身だと思いますから、富裕階層への援助という面がありますね。今なら、少し異見がでるところですね。 どうも有難うございました。

質問者から

旧制高校は、全員入寮が義務のところとそうでないところがあったのでしょうか? 知りたいです。
少なくとも、希望者には寮が提供された、ということでしょうか。

たとえば、群馬県出身の中曽根元首相ですが、静岡高校(旧制)に通っています。寮に入るか、或いは、下宿しないと通えないです。少なくとも、いまのような『学区』という概念はないのだと理解しています。
どうぞ、よろしくお願いします。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ