人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

共分散の表記について
統計学の初学者です
例えば期待値ならE[X]、分散ならV[X]というように中括弧で表記されるのが普通だと思うのですが、共分散に関してはどの教科書もCov(X,Y)というように通常の括弧で表記されています
この違いはなんなのでしょうか

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

記号の使い方は文献によって違います。
高校までは違う記号を使うと文部科学省検定で注意されますが、大学だとまちまちです。

まあ、E(X)でなくE[X]のように書くのは普通の意味の関数ではない(Xに数を代入していいわけではない)ことをはっきりさせるためです。その考え方に徹すればCov[X, Y]と書くべきだというのはその通りです。ただ、余りそう書かないというだけです。


匿名質問者さんのコメント
それはその通りなのですが同じ本の中でE[X]とCov(X,Y)が併用されてるんですよね 慣用でそうなっていると言われればそれまでですが一貫性が無く単純に気持ち悪いので質問した次第です
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ