人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戦国期?江戸初期周辺を舞台にした「西洋vs東洋(日本)もの」を教えてください。

月刊アフタヌーンで今年、原作 真刈信二/漫画 DOUBLE-Sの『イサック』という作品が始まりました。「30年戦争と呼ばれる激しい戦いの最中にあった神聖ローマ帝国。そこに傭兵として現れたのは「イサック」と名乗る日本人の男!…」
といったあらすじですが、この時代は鎖国直前、南蛮(欧州)と日本の交流が実に活発で、「日本侍が傭兵として欧州に渡った」という設定も、あまり無理はない気がします。だが、私の知る限り類例はあまりありません。

そこで
1:日本人が欧州に渡った…を含め、この時代(戦国?江戸期)の西洋と東洋がチャンチャンバラバラやドンパチを繰り広げるような、フィクションでも史実を基にしたものでもいいので、そういう作品を教えてください。思想的な対決や政治・経済的な対決でも結構です

2:もし自由に発想するなら、どんな設定を考えますか?「ニンジャvs騎士」「秀吉がシャム侵攻」など、色々考えてください。

この質問はブログ記事
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20170206/p2
と連動しています。(既に知っている先行作品もそちらで紹介しています)

1486355156
●拡大する

●質問者: gryphon
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● naonoryu
●13ポイント

架空という範疇で。1.についてのみですが。
『夢幻のごとく』では、織田信長が本能寺で死んでいなかったという設定で、世界統一を目指します。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E5%B9%BB%E3%81%AE%E5%A6%82%E3%81%8F
『RED』では、主人公ではないですが、主人公の仲間的なポジションに「西南戦争に参加して敗れ、落ち延びてきた元士族」が登場します。ただし行先は欧州ではなくアメリカです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/RED_(%E6%9D%91%E6%9E%9D%E8%B3%A2%E4%B8%80)
『陸奥の刻 アメリカ西部編』では、ご存じ「陸奥圓明流」の使い手が、こちらもアメリカに渡ります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%A5%A5%E5%9C%93%E6%98%8E%E6%B5%81%E5%A4%96%E4%BC%9D_%E4%BF%AE%E7%BE%85%E3%81%AE%E5%88%BB#.E3.82.A2.E3.83.A1.E3.83.AA.E3.82.AB.E8.A5.BF.E9.83.A8.E7.B7.A8


gryphonさんのコメント
あー、ありました、ありましたね あのころは信長の野望などで架空戦記の大ブームでした。

2 ● machida77
●13ポイント

1.について回答します。
・該当記事のブックマークコメントにも書いた佐藤賢一『ジャガーになった男』が商業作品としては知られています。支倉常長とともにイスパニアにわたった主人公は仲間と別れ、やがてオランダ独立戦争で戦うという展開があります。
・荒山徹『友を選ばば』は日本から来たウィロウリヴィングと名乗る隻眼の剣士とあのダルタニヤンの友情と冒険の話です(荒山先生得意の朝鮮伝奇ものではありません)
・毛色は違いますがゲキ×シネ「薔薇とサムライ」は石川五右衛門が欧州の海賊となり他の海賊や王家の陰謀と戦う話です(公式サイト http://www.geki-cine.jp/bara-samu/)
・希望されている話と逆パターンでローマから来た騎士が蒲生家の武士になる幸田廣信&太田ぐいや『蒼眼赤髪 ローマから来た戦国武将』という漫画があります。


gryphonさんのコメント
さすが、安定のデータベースだあ(笑) 佐藤賢一メジャー作家なのに、自分はその作品追ってなかったわ。

3 ● zeroset
●13ポイント ベストアンサー

1.すぐに思いついたのが荒山徹『友を選ばば』ですが、ブログの方で言及されているようなので、他にあるかな、と記憶を探りましたが、漫画しか思いつきませんでした。幕末だと有名な『レッド・サン』などがあるのですが。

『グラン・バガン』https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%B3
2001年ごろに週刊少年ジャンプに連載された漫画です。仙石秀久に仕える侍が、シェークスピアなどとともに冒険をするお話です。すぐに打ち切られた漫画ですが、ちょっと『るろうに剣心』に雰囲気が似ていて、設定もユニークなので記憶に残っていました。

『Cimarronin』https://www.amazon.co.jp/Cimarronin-Complete-Graphic-Novel-Gn/dp/1503949508
『スノウ・クラッシュ』のニール・スティーヴンスンがライターを務めるアメコミ(グラフィック・ノベル)です。17世紀、キタズメという侍が、ならず者の神父とともにメキシコに渡り、満州族の姫を助けて冒険する、といった内容の話です。Ellis Amdur という、日本の古武道に詳しい方が武術面の監修をしているようです。

あと、小説で思いついたのは遠藤周作『侍』『王国への道』ですが、西洋と東洋がチャンチャンバラバラ、というイメージではありませんね。

2.戦国?江戸初期というわけではありませんが、源平合戦の頃の日本が丸ごと東ローマあたりに空間転移して、十字軍VSイスラムVSモンゴルに巻き込まれる、みたいな話があれば、読んで見たいです。


gryphonさんのコメント
源平合戦の時代とモンゴルとの邂逅といえば、KOEIのシミュレーションだ―。あのころは十字軍vsモンゴルvsイスラムの「ユーラシア三国志」あるいは「第0次世界大戦」とでもいうべき時代でしたね

4 ● pha
●13ポイント

1.
サムライ・ラガッツィ_-戦国少年西方見聞録-
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A3_-%E6%88%A6%E5%9B%BD%E5%B0%91%E5%B9%B4%E8%A5%BF%E6%96%B9%E8%A6%8B%E8%81%9E%E9%8C%B2-

この漫画、主人公がローマを目指すんですが、中国→タイ→インドまで冒険を続けたところで終わってしまったようですね…


gryphonさんのコメント
連載は、目的地に着くまで続けられるか…がありますものね。あ、途中で終わるといえば、和月伸宏氏のGUN BLAZE WESTがあったー。これも西部劇の世界にサムライニンジャが加わった話だった。

5 ● oota
●12ポイント

シュミレーションノベルになりますが孔明と秀吉とナポレオンが戦う
「豊臣三国志―南柯亭夢筆・著『軍書狂夫午睡之夢』より」はこの範疇に入るのでしょうか。


gryphonさんのコメント
ブログ記事ではドリフターズをはじめ「時空を超えての異世界での対決」もありにしています(笑)その作品、自分も紹介したことあります http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100708/p4

1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ