人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

確率密度関数の高さの直感的な理解
密度関数で求められる高さと確率変数が取りうる実現値の幅がなす面積がその確率ということは理解しています
密度関数のy軸の高さというのが単独で意味を持っているのか気になり質問しました

個人的には、速度に対する加速度のような存在なんだろうな、とぼんやり考えてはいます
確率(=面積)を求めるために高さと幅で掛け算(正確には積分)しますが、その幅を0の極限とした時、その実現値が発生する瞬間の確率(?)が高さに相当するんだろう、だから平均近くは高さも高いし両端に遠ざかれば遠ざかるほど低くなるのだろう、と言いますか…

分かりづらい文章ですみません

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

【確率密度関数の】連続性ぐらい仮定しておけば、分布関数(x以下となる確率)を微分した値がxにおける確率密度関数【の値】です。【その意味で「速度に対する加速度のような存在」は正解です。】確率そのものではないので1を超えることもあります。

> だから平均近くは高さも高いし両端に遠ざかれば遠ざかるほど低くなるのだろう

それはもっと強い仮定がないと。単峰と左右対称ぐらいを仮定しておけばいいですが、経済現象であれば左右対称でないことなど当たり前です。


匿名回答1号さんのコメント
【】部分を書き加えました。

匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。理解が深まりました。そういう概念として考えることはできるものの特に名前が付いているわけではないようですね。 後半の回答についてはその通りでした。何も考えず正規分布のような分布を勝手に想定していました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ