人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ふわふわのオムレツって日本独自のもの?
youtubeでオムレツをつくる動画を見てると、外はしっかり中は半熟といったオムレツを作っているのは日本だけのように思えます
海外の人はオムレツ全体にしっかり火を通して作っている印象です
半熟オムレツをつくるのは日本独自の文化なのでしょうか
海外、特に本場フランスではどうなのか気になります

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

海外のもののみならず、生卵の抗菌管理の徹底している日本でも、生卵を泡立てて火を通さず食べることは、細菌の繁殖しやすい状態をつくることになり、人によっては容易におなかをこわします。
海外の率直な感想はおそらく「あんな生っぽい状態の卵なんておそろしくて食べられない。火を通してさえ、猛烈におなかを壊すことがあるのに」です。
なお、泡をとおしても十分に火を通せば安全ですが、その場合は(スフレのように小麦粉で補強しておかないかぎり)泡がつぶれ、無残な見た目になります。キレイな見た目のふわふわオムレツほど危ないです。


2 ● 匿名回答2号

"omelette japonaise”や”Japanese omelette”(クォーテーションマークはつけたまま)で画像検索してみれば分かるように、日本風のオムレツも逆輸入されています。ただし、これらには卵焼きのように日本で「オムレツ」と呼ばないものも含まれます。単にomeletteや"une omelette”(uneはフランス語の女性不定冠詞)の検索結果とも比べてみましょう。

他の、日本で洋食とされている料理についても、同様に調べてみるといいと思います。


3 ● 匿名回答3号

生食可能な卵が賞味期限まで付けて売られているのは日本くらいじゃないかな?
少なくとも私の買う店にはそういう卵もある。
国外で卵掛けご飯を食べるには相当に勇気が要る。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ