人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クラゲについて質問です。

クラゲは種類によってポリプやエフィラなど多様な姿を持ちますが、
これらはクラゲの「変態」によるもの、という風に考えて良いものでしょうか。
それとも成長と呼ぶべきでしょうか。
または何か特別な呼称が与えられていますか?
それとも多様故にまだ要研究、といった段階でしょうか。

●質問者: 銀鱗
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● fiwa
ベストアンサー

クラゲの場合も基本的に形が変わる過程は「変態(metamorphosis)」と呼ばれているようです。
ストロビラを経る無性世代から有性世代への変態のことを特に「ストロビレーション(横分体形成)」と呼ぶこともあるようです。

刺胞動物はその生活環の中で無性世代のポリプから有性世代のクラゲへと変態を行う。この変態はストロビレーションと呼ばれ、誘発経路については現在二つの経路が想定されている。・・・

http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/63/P1-255.html


銀鱗さんのコメント
回答有難う御座います。 リンク先も大変参考になりました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ