人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

RAST検査結果のIgE値の読み方ですが、原因物質をたくさん吸収・摂取していることが前提なんでしょうか。たとえば、スギ花粉を例にして、考えると、スギ花粉症でない人の場合は、秋も春も、つまり、杉花粉をたくさん体内に取り込んでいてもいなくても、IgE値は低い。しかし、スギ花粉症の人は、秋はIgE値は低いけれど、春になると花粉をたくさん吸うので、IgE値が高くなってしまう、という、そういう仕組みでしょうか。
それとも、スギ花粉症の人は、季節を問わず、IgE値は高いままということなのでしょうか。

基本的なことが分からないので、質問しました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

例にとられているスギ花粉症の話ですが。
スギ花粉の飛散とともにスギ花粉特異的IgE抗体価が増加する、季節的変動のあるタイプと、スギ花粉の飛散がない時期であってもスギ花粉特異的IgE抗体価が持続している、季節的変動のないタイプの両方があることが報告されています。

スギ花粉症患者における免疫応答の季節性変動に関する検討
https://www.jstage.jst.go.jp/article/orltokyo1958/46/2/46_2_121/_article/-char/ja/

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ