人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『ウォーリーをさがせ』の青表紙の本で空港が舞台になってるページがあるのですが…

その中には言葉遊びが色々と隠れていて、例えば吹き流しと靴下が英語では同じsockなので入れ替わっていたりとか、他にもいくつか隠されているのですが、一箇所どうしても分からない場面があるのです。

それは画面中央右側のジェット機の搭乗口の下で、職員が何かの物体を指差してなにやら笑ってる場面。

搭乗口の真下なのでタラップ(trap)と罠(trap)の言葉遊びなのか、はたまたアメリカではタラップじゃなくランプ(ramp)を使うらしいので、そちらの方の何かの比喩としてこの物体を置いてあるのか…

何にせよ、この物体そのものが何か分からないのです。

これが何かお分かりの方がいたら、是非教えてくださいお願いいたします。

●質問者: oyakata2017
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● a-kuma3
●500ポイント ベストアンサー

f:id:a-kuma3:20170219115848p:image
この部分のことでしょうか。

"plane" だと思います。

f:id:a-kuma3:20170219115732p:image

Hand Plane Tool Hunter: Woodcraft has improved their WoodRiver hand planes

a-kuma3さんのコメント
この言葉遊び的なやつが入っているのは知らなかったんですが、ちなみに空港のやつだと、言葉遊び的なのはいくつあるんでしょう。 "wing" は微妙な感じですけど、それを入れて 8個?

oyakata2017さんのコメント
ありがとうございます! そうか、鉋だったとは… 西洋の鉋は和式と違って押して使うとは聞いてましたが、写真とはいえ実物を見るのは初めてでした。構造を見ると確かに押して使うようになってるんですなぁ。

a-kuma3さんのコメント
ぼくが認識できたのは、こんなところなんですが、 - windsock - plane - ace pilot - turret - chopper - runway - forklift - wing jumbo は、確かにそうかなあという気がします。 面白い <tt>:-)</tt>
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ