人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ベトナム人の名前ですが、ホーチミン氏を例にとると、どういう構造ですか、教えてほしいです。
ホー・チ・ミン(ベトナム語: H? Ch? Minh / 胡志明, 幼名はグエン・シン・クン(ベトナム語: Nguy?n Sinh Cung / 阮生恭)、成年後はグエン・タト・タイン(ベトナム語: Nguy?n T?t Th?nh / 阮必成)。第二次世界大戦までに使用していた変名のグエン・アイ・クォック(ベトナム語: Nguy?n ?i Qu?c / 阮愛國)でも広く知られる。
となってます。
父は、ゲアン省の儒学者、グエン・シン・サックということです。
グエンがファミリーネームでしょうか。シンとクンは、個人名でしょうか。
ところが、「シン」は、父親も同じです。
グエン・シンまでが、ファミリーネームでしょうか。

中国文化の影響を強く受けていたと思いますが、
ベトナム人の個人名は「諱」とされ、滅多に使わないのでしょうか。
それとも、ふつうに、呼び掛けに使うのすか(米国人、ジョンとか、マイクとか、メリー、とか見たいに)

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

グェン・アイ・クォックやホー・チ・ミンは自分でつけた名、グェン・タッ・タインは少年時代に父親が国家試験に合格した記念につけてもらった名なので一般的な慣例には従わない。
Wikipedia:ベトナムの人名


匿名質問者さんのコメント
大変ありがとうございました。非常に、とても、参考になりました。本当に勉強になりました。 グェン・タッ・タインは、お父さんが国家試験に合格して、それを記念して、息子に新しい名前を付けたのでしょうか。とても楽しいお父さんだなぁと思いました。 ベトナムは日本のような戸籍がないのかもしれないと思いました。 グェン・アイ・クォックやホー・チ・ミンは、革命家として活動する際の変名で普通はない話だと思います(愛国は、自分の心意気を示したのだと思います)。 しかし、お父さんが、あらたに「グェン・タッ・タイン」という名前を付けてくれ、それは役所に届けるのだろうか、ベトナムには戸籍制度は実はないのだろうか、と思った次第です。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ