人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一般的な『Web3層アーキテクチャ』構成とは?

webサーバ周りの勉強をしていて疑問に思ったので質問です。
サーバ構成について『Web3層アーキテクチャ』や単に『3層構造』と呼ばれるものが一般的な構成だというのでwebで調べてみたのですが、どのページもその言葉が指し示すものが異なっているように感じます。

大きくまとめてみると、

・解釈1.クライアント ⇔ APサーバ ⇔ DBサーバ
・解釈2.クライアント ⇔ webサーバ ⇔ APサーバ ⇔ DBサーバ

という解釈に別れ、また解釈2の場合でも、

・解釈2?1.webサーバ=リバースプロキシ機能(Apache HTTP Serverなど)
APサーバ=Tomcat+StrutsのようなHTTPサーバ機能+ビジネスロジック
・解釈2?2.webサーバ=Tomcat+StrutsのようなHTTPサーバ機能+AP呼出コントローラ
APサーバ=EJBのようなHTTPサーバ機能のないビジネスロジック

と別れているように感じます。

そこで質問なのですが、一般的と言われる『3層構造』とはどんな構成を示しているのでしょうか。そして、それはどんな効果を狙っているのでしょうか。
(負荷分散という意味でいうと、個人的には解釈2?2が最も腑に落ちる構成なのですが…)

●質問者: liml
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tea_cup
ベストアンサー

2-2でよいと思います。目的は、変更容易性、拡張性を高めるためです。

?-3-5. OSSによるWeb3層アプリケーション | 日本OSS推進フォーラム

【学習の要点】
* Web3層アプリケーションとは、Webシステムの構成要素をプレゼンテーション層、アプリケーション層、データ層の3層に分割し、独立したモジュールとして設計するアプリケーションである。

* 3層アーキテクチャを採用することにより、ユーザインタフェース、ビジネスロジック、データベースの相互依存を抑え、変更容易性、拡張性を高めることができる。

* Web3層アプリケーションはプレゼンテーション層を担当するWebサーバ、ビジネスロジックを担当するアプリケーションサーバ、データ層を担当するデータベースサーバによって構築される場合が多い。


limlさんのコメント
回答ありがとうございます。 2?1解釈でシステム構築していそうな話を聞いたりするので、 意見が聞けて良かったです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ