人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

座骨神経痛は整体やカイロで治るのでしょうか?また、治ったという話もネット(広告目的ではない話)でも見かける( http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12109096617など )のですが、国保適用で直すことはできない物でしょうか?エビデンス的な話もあり何処まで信用できますか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

整体やカイロは法的根拠がありませんから、国保は使えません。そこははっきり言えます。

法的根拠がなくても治ればいいじゃないかと言うかもしれませんが、問題があったときに責任追及が難しくなります。
柔道整復師が問題を起こして、整形外科にかからなかった被害者の方にも問題があるとして過失相殺を認めた判決があります(京都地裁平成4年3月3日判決)。
http://jiko-higaisya.info/personal-damage/judo-therapy/

なお、整体やカイロで治ったという体験談はあるかもしれませんが、自然治癒かもしれませんから明確ではありません。


匿名質問者さんのコメント
回答いただきありがとうございます。 法解釈は整形外科でも問題が起きたとしても施しようがなかったなどでその過失責任をと言うには不可能ではありませんが実際には余程の事がない限り無理なようです。癌の見逃しですら勝訴することは困難なようです。その意味で、実質責任追及は難しいように思うのです。かといってピポクラテスの頃のように医療の失敗で失明させると医者も失明させるなど厳しく責任を取らせるわけにもいきませんしね。 整体なども治るのであれば、保険適用なりもう少し、国も対策を打てばいいと思うのですが難しいのでしょうかね? 逆に、自然治癒など明らかに科学的根拠がないのであれば、取り締まるなどの対策は難しいのでしょうか? どうにも怪しくよく分からないところがあります。

匿名回答1号さんのコメント
一応、整体やカイロそのものも違法ではないのかという問題はありますが、憲法の職業選択の自由との関係から、禁止されるのは人の健康に害を及ぼす恐れがあることに限定されるというのが判例の立場です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/医業類似行為

匿名質問者さんのコメント
回答いただきありがとうございます。 確かに規制という意味では憲法の関係ですか・・・確かにこれでは余程の理由が無い限り規制は無理ですね。気付きませんでした。 ただ、治るのであれば逆に資格制度などを作り、国にとっても天下り先ができますし、利用者にとっても、昨今の機能性健康食品ではありませんが、一応の目安はできますし良いように思うのです。

2 ● 匿名回答2号

整体やカイロプラクティスは整形外科よりも効果がある可能性は高いが、先日も指摘したとおり保険適用の業者は質が悪い。
1号さんはなにか別のことを言っているようだが、市中の業者は多い。
しかし、症状の緩和は可能でも完治は難しい。

本来、西洋医術では痛みに対する治療は対症療法しか存在しない。
湿布や痛み止めで治るはずがないのは理解できると思う。
近年のスポーツ医学は効果的に行うには相当な自費が必要となる。
肉体や神経の歪みを矯正する必要があり、個人の症状に合わせた画一的でない施術が必要となる。
時間や手段や費用などを細かく規制した保険適用の施術では限定的な効果しか期待できない。
また、理想的な施術を費用を度外視して行ったとしても、本人の努力する部分が必ず必要になる。


匿名質問者さんのコメント
回答いただきありがとうございます。 保険適用ではリハビリテーション科があるように思います。また、本人の努力についてですが、家で行う動作なども指示されます。 整体などではCTやMRIがありませんが、個人の症状に合わせたオーダーメイド治療ができるのでしょうか?また、確実に効果があるのであれば、なぜ治療として国が認めないのでしょうか?現状、資格が一切不要ですからマッサージ店同様、アルバイターでもできてしまいますし・・・

匿名回答1号さんのコメント
マッサージだとすれば医師かあん摩マッサージ指圧師の資格が必要です。それから理学療法士は医師の指示があれば可能です。ただしマッサージの定義が書いていないという問題があります。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ