人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の賛美歌と思われる歌の歌詞の正しい読み方を知りたいのですが、何か方法はあるでしょうか?
(一部の漢字の読み方がわかりません)

http://www.filedropper.com/404-1
http://www.filedropper.com/404-2

補充本404-1.pdf
補充本404-2.pdf
追い求め前進する - 命として
404 (中補410) (英 1191)

わがれいから三いちのかみ、いのちのいずみ湧く。
御ちちは源泉、御子はけい路、その霊いのち分与す。
(復)主よ、あまきいのちのながれにひたらせよ。
主よ、ながれをふかめ、いのち円じゅくさせよ。

2 新鮮なまきば、いこいのみず、われ伏して安そくす。
ながれのなか、しゅくふく得て、もがきとつかれなし。

3
至せい所へと、主われを召し、御まえに生きさせる。
「ぶどうのえだ、われに住め」と、ハレルヤ、主はかたる!

外国人の友人が、1990年代に日本で暮らしていたのですが、その時に手に入れた本だそうです。歌詞の読み方が知りたいので教えてくれと頼まれましたのですが、一部の漢字の読み方は日本人の私でも自信がありません。

●質問者: toukoutan
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● a-kuma3
ベストアンサー

わがれいから三(さん)いちのかみ、いのちのいずみ湧(わ)く。
(み)ちちは源泉(げんせん)、御子(みこ)はけい路(ろ)、その霊(れい)いのち分与(ぶんよ)す。
(復)主(しゅ)よ、あまきいのちのながれにひたらせよ。
(しゅ)よ、ながれをふかめ、いのち円(えん)じゅくさせよ。

2 新鮮(しんせん)なまきば、いこいのみず、われ伏(ふ)して安(あん)そくす。
ながれのなか、しゅくふく得(え)て、もがきとつかれなし。

3
(し)せい所(じょ)へと、主(しゅ)われを召(め)し、御(み)まえに生(い)きさせる。
「ぶどうのえだ、われに住(す)め」と、ハレルヤ、主(しゅ)はかたる!


「三いちのかみ」は「三一の神」。
「至せい所」は「至聖所」。
「御父」、「御子」、「御前」、「主」あたりは、神父様のお話しで普通に聞く言葉で、後は普通の読みという感じでしょうか。


toukoutanさんのコメント
ありがとうございます。大変助かりました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ