人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

財形住宅や財形年金の制度ですが、毎月預入が原則だと思われますが、預入しない期間があると、課税されるのでしょうか。半年や一年、預入ゼロにしたら拙いか、構わないのか、どうなのだろうか、と思いました。いかかでしょうか。
財形住宅で少し預入したのですが、今後は財形年金に変更したいと考えましたが、そうすると財形住宅の残高に課税されるような気がいたしました。それで、質問いたしました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

http://www.mylifenavi.net/c_zaikeityotiku.html

財形貯蓄は、誰でも利用できるわけではなく、この制度を導入している企業の従業員しか対象になりません。通常は、勤務先が取り扱い金融機関を選定し、労使協定を結んだ上で導入しています。ですから、勤め先によって取り扱い金融機関、つまり運用商品も異なってきます。具体的には、各企業が、財形貯蓄を希望する従業員の給与から一定の金額を天引きし、取り扱い金融機関にまとめて送金するという形がとられます。

給料から天引きされるそうですので、
もし従業員の立場であるならば、
なぜ預け入れしない期間というものが発生するのか不明です。
また、もし雇用者の立場であるならば、個別のケースとして、
現在取引している金融機関と相談して決定する事柄のはずですので、
こんなところで質問されても正しい解答は得られないと思われます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ