人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東海道五十三次で、19番の府中ですけれども、「駿府」という名ではないのは、何故でしょう。

当時、一般には、「府中」と呼ばれていたのですか。

当時、地元では「府中」と呼ばれ、江戸や京など他所からは「駿府」と呼ばれていたんでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%BF%E5%BA%9C
の説明を要約すると、
駿府は駿河国府中の略であり、江戸時代に単に府中と言えば駿府を指した、
とのことです。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。お返事遅くなり教職です。 江戸時代は、府中といえば、駿府なのですね。神君東照大権現のおられた場所だからでしょうか。 江戸時代もいつごろから、府中といえば駿府になったのだろう、と思いました。 室町の頃は、そうではないかったと思うからです。

匿名質問者さんのコメント
地元で府中と呼んだというよりも、 全国的に、「府中」といえば、駿河の府中だったというのは、 やはり、家康公の御威光だと思いました!!!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ