人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人の構造としてありえるかどうか教えて下さい。
顕微授精(卵子にガラス管を刺して精子を入れる方法)で生まれた子供が、2歳まで元気に育った場合でも、その後顕微授精のせいで、病気になったりする事はありえますか?
だいたい、先天性の病気は1歳くらいまでには分かる事がほとんどだと思います。
そして20年ちょっとの歴史もあるので、問題なく成人されている人も多いと思います。

実際、人の構造的に、顕微授精の影響で2歳以降何かある可能性はあるのでしょうか?
自閉症や発達障害は、まだ分からないと思うので省いてでお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

>先天性の病気は1歳くらいまでには分かる事がほとんどだと思います
ほとんどということは、すべてではない、ということですよね
つまり

>2歳以降何かある可能性はあるのでしょうか
あなたのおっしゃる通り、可能性はあります

というのはまあ、屁理屈ですが、30代に好発する原因不明の難病、とかもありますので、
可能性を否定することはできないでしょう。
その原因の一つは性細胞のDNAの損傷。
照明されている明るい部屋では多かれ少なかれ紫外線も存在しているため、明るいところに性細胞をさらせばそれだけでもDNA損傷の危険はありますから。


2 ● 匿名回答2号

1号さんとほぼ同じだけど、可能性はある
でもそれは可能性がないと断定できるだけの証拠が無いから
ではなぜ証拠が無いかというとデータ不足だから

今の時点で断定できて正解まで言い当てる事ができるのはエスパーだけです

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ