人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クラインフェルダ―症候群について

●質問者: Hakushaku
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

患者とのコミュニケーションのとりかた


1 ● tea_cup

難病情報センター | クラインフェルター症候群(KS)(平成21年度)

4. 主な症状
四肢細長、思春期来発遅延、精巣委縮、無精子症などを主徴とする。女性化乳房を認める場合がある。

5. 主な合併症
悪性腫瘍、骨粗鬆症、自己免疫疾患、糖尿病、軽度の知的障害など。TSでは、骨粗鬆症、糖尿病、甲状腺機能障害、大動脈縮窄症や僧帽弁逸脱、大動脈二尖弁などの心・血管系障害、馬蹄腎などの腎・腎血管系の奇形が認められる。

6. 主な治療法
KSにおける二次性徴不全症例に対しては、テストステロン補充療法が用いられている。テストステロン療法は、骨密度の上昇のためにも有効である。なお、不妊に対する根本的治療法は存在しない。

合併症で軽度の知的障害がありうるので、代弁者への確認をしながら、お付き合いする必要があるかと。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ