人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

扁桃腺があると口臭の原因になることがあると聞きました(膿栓のことだと思います)。どんな種類の匂いでしょう。するときとしないときがあるんでしょうか。

身内で、口臭のする者がおり(歯はきれいに磨いています。歯医者さんでも、キレイに磨けていますよと言われているようです。)、自分としては、その原因がなにかいつも考えていました。イビキが時折、激しいので、そのことをネット検索したところ、扁桃腺が大きい場合があるとあったので(とある患者さんのブログ)、関係があるのかもしれないと思いました。仮説ですが、実は扁桃腺が大きくて、その扁桃腺の中に膿栓があるのではなかろうか、と推測しました。身内は病院に行くのが苦手なのですが、この際、扁桃腺除去の可否の相談を含め、病院へ行くことを勧めてみようか、と少し考えており、投稿しました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

普通はそういう場合は胃腸の不調を疑います。
典型的なのが喫煙者ですが、神経性胃炎などでも嘔吐に近い臭いが少し臭うことがあります。

次に多いのが鼻炎。
典型例では食いしばりで上顎の骨格が狭く鼻腔を納めるスペースが不足して鼻中隔側湾症などがある例です。
歯列が乱れている人はほぼ100%そうです。
歯列の乱れも顎の骨が小さいために起こる。

目の疾患や耳の疾患なども原因になることがあります。

食いしばりが鼻炎を誘発して扁桃腺の肥大につながることもありますが、扁桃腺だけを手術しても結果が良くなるとは考えにくい。
肉体的に弱っているから不具合が出て口臭につながる。
最初に取り組むべきなのは生活習慣の改善によって身体全体の健康状態を良くすることです。
情報中毒による睡眠障害や喫煙などの依存症があれば改善するべきです。
そして、そういった部分は本人が自覚して努力しなければ他人が何を言おうと改まるものではありません。
あなたが口先で助けてあげることができるわけではないのです。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございました。 身内とは、私の親です。高齢者です。喫煙はしません。 お話しを伺い、幼少期に食いしばりの習慣があると、鼻腔が狭くなることがあると認識しました。こどもに食いしばりの傾向があると、年長の家族としては、注意しなければいけないですね。すごく大事なことを学びました! 親ですが、歯の食いしばりは聞いていませんが、兄弟に歯ぎしりをする人が居たそうであり、おそらく、親も、歯ぎしりはせずとも、そこそこ食いしばりをする習慣があったかもしれないと推測しました。 扁桃腺は、なくてもよさそうな臓器と思われるのですが、手術をしてまで切除する必要はないと感じました。 良く考えるようにいたします。ありがとうございました。

2 ● 匿名回答1号

口臭が問題なら、お勧めなのが舌苔のクリーナーです。

クリーンタング エコノミー 6色セット[クリーンタング 舌クリーナー]【あす楽対応】

クリーンタング エコノミー 6色セット[クリーンタング 舌クリーナー]【あす楽対応】



私のお勧めはこの商品。
舌の表面には常に汚れがたまって苔のようになっています。
この汚れを取ってやらなければ臭いは減りません。
もっと言えば、舌苔だけでなく、口腔内の全体のクリーニングがおすすめではありますが、やりすぎると軟らかい表面を傷つけるので注意が必要です。
と言っても舌の表面だけは別です。
クリーナーを一度使ってみればわかりますが、舌の表面から膿のような黄色いどろどろがごっそり取れます。
歯を磨くだけでは口臭がなくならないという人には特にお勧めします。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。 舌苔とはどんな臭いでしょう。身内の口臭がこれか今度確認してみるようにします。

匿名回答1号さんのコメント
口臭と同じような臭いのはずです。 嗅ぐのはあまりお勧めではありませんが、・・反吐のような痰のような臭いです。 個人差もあります。 鼻汁が垂れて貯まって腐った臭いです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ