人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鼻うがいで、生理食塩水を用いて(水温は、37℃が好ましい)、水を噴射する容器を使って、そのノズルを鼻の穴に入れ、そのまま顔を下に傾けて、水を噴射い、終わったら優しく鼻をかむということですが、3つ知りたいです。
A「水が奥に入らないように、「ア?」と声を出す。」
B「入れた鼻の穴から水が垂れますが、それでよい。
無理して反対側の穴から出さなくて構いません。」
<1>「本当は、反対側の穴から出すのがよいように思えましたが(但し、難しいからやめた方がいいかも、ということ)、その理解で正しいでしょうか。
<2>左右の鼻は、鼻中隔の軟骨や篩骨の垂直板で仕切られてますが、反対側へ水が回ってしまうというのは、いったい、どういうことでしょうか。「上咽喉まで行けば左右の仕切りがなくなるが、そこまで水を達するようにしたうえで、反対側の鼻腔に戻して、水を戻す」ということなんでしょうか。
<3>「固有鼻腔の中を、水を通して洗浄するのであって、副鼻腔については洗浄するわけではない。上顎洞も含めて、洗浄できない。」という理解でほぼよいでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ