人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカは禁酒法のもとで、マフィアが発展したそうです。イスラム教国では、現在世界でのイスラム教を主体とする国々を見ると、アルコールについてそれほど厳しくない国もあり、他方、アルコールをとても厳しく禁止している国もあり、いろいろな状況です。さて、質問です。?アルコールを厳しく取り締まった結果、非合法組織が、そのことを利用して発展したとか、そういう歴史はないのでしょうか。?また、現在のイスラム教の国々において、そういうような、弊害はおきていないのでしょうか(対策はどうしているのでしょうか)。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

イスラム教の禁酒には宗教的な背景があるから、
アメリカの禁酒法より豚肉を食べない事のほうが近いと思われます。
生まれながらにして豚肉を食べてはならないと教えられて育った人が
豚肉を食べられない事に不満を抱くでしょうか。
生まれながらにして飲酒をしてはならないと教えられて育った人が
飲酒できない事に不満を抱くでしょうか。
アメリカの禁酒法は禁止されていない事がいきなり禁止されたのであり
国民に不満があったから単純に比較できるものではないと思うの。

なお、法律の厳しい国、緩い国というのは、
戒律の厳しい宗派、戒律の緩い宗派の裏返しであり、
どの宗派が国内で優勢かという違いでしかないようです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ