人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

貴賤結婚という考え方というのは、「継承権」を否定するか否かという、違いですか、「それ以外」にも、何か、あるのでしょうか。ハプスブルク家は、貴賤結婚で生まれた子には継承権を与えないとしてましたし(いつごろ決めたのか私は知りません)、セルビアで暗殺された皇太子の子孫には、「皇帝位の継承権」はなかったはずです。ロマノフ家も、パーベル1世以来、貴賤結婚による子孫に「皇帝位」の継承権を禁止しています。皇帝位の継承権以外は、どうなんでしょう。
王族(帝族?)身分は保持できたんでしょうか。また、皇帝は、「皇帝位」以外にも、いろんなタイトル(ハンガリー王、ボヘミア王、他。フィンランド大公、他。)を持ってましたが、これらは、「皇帝」位と不可分だったんでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ