人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

偽装請負って海外にはないんですか?

●質問者: shitsumonyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● tea_cup
●50ポイント

国際労働機関(ILO)では、同一労働同一賃金の原則をILO憲章の前文に挙げており、基本的人権の一つとされている。
その為、海外では、偽装請負を行う経済的利点がない。


2 ● seble
●50ポイント

偽装請負とは、労働法の保護を受けさせずに労働させる事で使用者が利益を求める事なので、保護的な労働法が整備されている国では、それをかいくぐる事により使用者のメリットがありますのである所にはあると思います。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2015/12/73065cc6c2f400c3.html
こんなのも出てきますね。アメリカは日本ほどには労働者が保護されていませんが、それでも時間外労働は5割増賃金とか色々あるので、請負的な契約にしてしまえばコストをカットできる場合もあると思います。
もちろん違法行為ですが、アメリカの国内法に違反するのですから、ILOなんか知ったこっちゃないでしょう。
http://www.jil.go.jp/foreign/labor_system/2005_1/germany_01.html
ドイツでは、厳密な意味での偽装請負はあまり問題になっていないようですが、ここにある「見せかけ自営」とは偽装請負の一種と言えると思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ