人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クルド人の話ですが、新聞によると、トルコにもクルド人、イランにもクルド人、イラクにもクルド人、シリアにもクルド人が、居住しているということです。見た目でわかるのでしょうか。物理的特徴があるでしょうか。私たち日本人には見分けはつかないと思いますけれど。

尚、追加的な質問なのですが、次のとおりです。
また、服装や仕草でわかるのでしょうか。都会に出ているクルド人の場合は、服装は西欧化しているかもしれないですが。
また、言語が区別になるでしょうか。いまでも。一般には、仕事の場では、トルコ語やアラビア語を話していると思いますが、身内などでの会話では母語を話す筈と思います。クルド語を家庭ではなしたり、集落で話すということは、場所によりなくなってしまったりしていないか、と思いました(近年においても、クルド語禁止という、地域・時代もあったかもと思いますゆえ)。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

たとえば、トルコ人ならば、同じような洋装をしていても、トルコ人とクルド人の区別はつくかもしれないですが、他の国の人からみれば、区別はつかないかもしれないですね。あるいは、トルコ人からみて、アラブ人もクルド人も同じように見えるのかもしれませんが。
また、アラブ人であれば、アラブ人とクルド人は区別がつくかもしれませんが、他の人からはわからないかもしれないですね。もしも、服装に民族色があれば、分かるかもしれないですね。この服装は、アラブの何部族、この服装は、クルドの何部族、などと。ただ、そういう服装の民族色・部族色については、外国人は、なじんでいないからすぐには見分けが付かなそうな気がしました。
それでも、なんらかの見分けの根拠になる話があるならば、知りたいと思いました。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ