人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近薬局等のサプリメントの類で低分子量コラーゲンと謳う製品を見かけるようになりました。
サプリメント商法を欺罔、偽薬として批判する論陣立場ではコラーゲンの経口摂取が美容健康上無意味であることの論点として分子量の大きさが挙げられていましたが、それらの方々はさりとて批判もせず、固唾を飲んでる状態ですか?

●質問者: minminjp2001
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● みやど

こちらが参考になると思います。
http://www.sciencecomlabo.jp/healthy_food/collagen.html


minminjp2001さんのコメント
毎度ありがとうございます。一応ありますね。 結局は効果の機序を説明可能かどうかといういつものパターンでしかないのでしょうが、私個人的にはブルーベリーを含めておなじみラインナップのいくつかの典型サプリメントは効果があると思ってますが、この明治大学の一覧表を逆読みするなら、ビタミンやミネラル系サプリメントが挙げられていないので、効果は認められてるのかなあ、と。昔某大学教授でビタミンすら意味がないと言っていた人もいましたからね。疑似科学批判といっても人によって旗色も違うんでしょうね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ