人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

口角炎がすぐできてしまいます
1ヶ月前唇の角ぐらいのところが血が出るくらい切れちゃって3週間ぐらい前になおりました
だけどまたおとといくらいから血も出ていて同じところが切れちゃいました
もともと生まれてからずっと唇の皮がむけたり切れたりしていて昔から皮膚科からぬりぐすりをもらっています
でも口角炎はあんまりできたことなくて最近ひどいんですがなんでですか?
口角炎ができにくくする方法はありますか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

口角炎ができやすい条件はある。
幾つか並べてみるので、参考にして欲しい。

喫煙、食いしばり、鼻炎、眼精疲労、糖尿病、胃腸炎、ブラッシングがアバウトな人、生活のリズムが乱れている人、運動不足、アレルギー、皮膚の弱い人、依存症、

私は禁煙する前には口内炎と口角炎が毎日のようだったが、禁煙してからは縁が切れた。


匿名質問者さんのコメント
たばこはやってないです 生まれてからずっと皮膚は弱いし食べるものが合わないとかゆくなったりしたからアレルギーもまあわかります 鼻炎の人はなんで口角炎になるのでしょうか?

匿名回答1号さんのコメント
鼻炎だと口腔内が汚れやすいからです。 口腔内の衛生環境が影響します。 ついでに言えば、食べ物を良く噛まないで食べる人も胃腸が弱い人が多い。 下痢や便秘になりやすく、逆流性胃炎や神経性胃炎など多い。

匿名質問者さんのコメント
ということはお口の中が汚れていると 口角炎ができやすいということでしょうか? お腹はすごく弱くて過敏になってます お腹も痛くなること多いです 口角炎はほうっておいてもなおりますか?

匿名回答1号さんのコメント
口角炎は体調が良い時期には収まりますが、たぶんバイオリズムの低下とともに出てきているはずです。 特に胃腸の調子が悪いと出てくる人が多い。 昔の家庭の医学ってやつですが、飲み過ぎて胃が悪いと口角炎が出てくるので、家族から指摘されることになります。 逆流性胃炎があると丁寧にブラッシングしても汚れてきます。 ゲップが出るだけでもなにがしかの逆流はあります。 私はそのパターンでした。 あなたの胃弱の原因が喫煙ではないなら、一番可能性が高いのは咀嚼の不足です。 暴飲暴食あるいは拒食症などで胃腸が弱い人もいますが、そういう人でも咀嚼が不足している人が多い。 食べ物を細かく噛み砕いて充分に唾液と混ぜて喉に送る。 この作業を端折って、口の中にまだまだたくさん残っている内に次の食べ物を口に運んでいませんか? あるいはドリンクで流し込むような食事をしていませんか? 食事の時間を充分に取っていますか? かつては早飯早糞芸の内と言われていましたが、現在では早飯は胃腸に過負荷を与えて健康に良くないことが周知されてきました。 時間を節約する効果よりも健康被害の方が遙かに大きいのです。

匿名質問者さんのコメント
わかりやすく説明してくれてありがとうございます 食べるのはゆっくり食べてて遅いんですがむかしからよく噛んではないです わたしはもしかしたら過敏性腸症候群なのかなって思うんですが 胃が弱い人ができやすいってことは 過敏性腸症候群の人は口角炎もできやすいですか?

匿名回答1号さんのコメント
原因と結果が逆です。 良く噛まない人が胃腸の不具合になりやすく、胃腸の不具合が口角炎の原因となって症状が表面化するのです。 口角炎よりも胃腸の方が深刻です。

2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

非喫煙者の私の場合は睡眠不足が大きいです。
年齢にもよりますが睡眠時間が7時間未満だったりストレス等で熟睡出来ない日が続くとよく切れます。

これは「皮膚粘膜のビタミン」といわれるビタミンB2 (リボフラビン)が睡眠不足で多く消費されて不足するからといわれます。
そのような場合は、同時に皮膚が荒れ特に指にささくれが多く出ます。

こういう時には口角炎に「ケナログ」等の口内用ステロイド剤を寝る前に塗り、高濃度のビタミンB2 を含む「チョコラBB」または同等品(2錠で38mgのビタミンB2 含む;ドリンク剤もあり;なお多くのドリンク剤が黄色なのはビタミンBが黄色だから)を飲むと早く治りますし、睡眠不足が続いて、口角がムズムズし出したら飲めば予防にもなります。

原因が乾燥やストレスそのもの、または肉体疲労等他の原因だとしても、ビタミンB2 には皮膚の免疫力を高める作用もあるので、同様の作用があってストレス耐性にも効果のあるビタミンCも同時に摂取(効果を期待するなら500mg以上)するとより効果的です。

なおビタミンはもともと体内では作れない(逆に作れないけれど体に必須な物質をビタミンという)ので、ビタミンBやCは恒常的に食物(やサプリ)で摂取する必要がありますが、薬効を期待する場合は通常より多く摂取する必要があります。

その場合、過剰摂取が心配されるかも知れませんが、ビタミンBやCなどの水溶性ビタミンは過剰に摂取してもすぐに排出されるので、心配ありません。

ただし、ビタミンAやビタミンEなど脂溶性のビタミンは過剰に摂取すると害になることもあるので、注意して下さい。

以上、長くなりましたが参考になれば幸いです。


匿名質問者さんのコメント
返信がおそくなり申し訳ございません 詳しく説明してくれてありあがとうございます わたしは10じかんから13じかんくらい寝るんですが寝た感じがしないし眠いんです 十分に寝れてると思うんですが....寝不足なんでしょうか?(笑) 乾燥は絶対にあります 精神的なのにも関係あるんですね ケナログの軟膏を塗ってみます ありがとうございました
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ