人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

聖公会には英国聖公会、米国聖公会があります(立教大学出身者は詳しいかもと思います)。北米のアメリカ合衆国にも、英国聖公会の信徒は結構いますでしょうか。それとも、米国聖公会が殆どでしょうか。米国独立戦争や、米英戦争など、微妙なこともあると思いまして、質問を投稿いたします。米国聖公会は、アメリカ政治でも大きな力(票の数)を持つと思います。
なお、関連の質問なのですが、
カナダはいかがでしょう。
オーストラリアや二ユージーランドはどうか、
とも思いました。
宜しくお願い致します。


高校世界史では、聖公会の主張は、英国の国王(女王)であると習ったのですが、
現在は、どうなのか、
米国聖公会においても、そうなのか、
と疑問に思ったのが、きっかけです。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:旅行・地域情報
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

> 北米のアメリカ合衆国にも、英国聖公会の信徒は結構いますでしょうか。

いたとしても米国聖公会に通うと思います。
だって現地には英国聖公会の教会建物が無いんだからしょうがない。

> 米国聖公会は、アメリカ政治でも大きな力(票の数)を持つと思います。

https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:wAa5bKENipcJ:https://www2.census.gov/library/publications/2011/compendia/statab/131ed/tables/12s0076.xls+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

たぶん37の Episcopal Church がそうなんだけど、
2009年の会員数が2,006,343人、
アメリカの人口が3億超ですから全体の1%にも満たない数です。
比率でいうと日本におけるカトリック人口と同じくらいでしょうか、
政治的に大きな力を持っているとはとても思えませんね。


匿名回答1号さんのコメント
カナダ http://www12.statcan.gc.ca/nhs-enm/2011/dp-pd/dt-td/Rp-eng.cfm?LANG=E&APATH=3&DETAIL=0&DIM=0&FL=A&FREE=0&GC=0&GID=0&GK=0&GRP=0&PID=105399&PRID=0&PTYPE=105277&S=0&SHOWALL=0&SUB=0&Temporal=2013&THEME=95&VID=0&VNAMEE=&VNAMEF= 厳密には違うかもしれないけど、上から4番目の Anglican がたぶんそう。 2011年時点の非カナダ人移住民を含んだ総数が1,631,845人。 カナダの人口は3629万人とあるから率でいうと4.5%。 オーストラリア http://www.abs.gov.au/AUSSTATS/abs@.nsf/mediareleasesbyReleaseDate/7E65A144540551D7CA258148000E2B85?OpenDocument Anglican ? 13.3% だそうです。 ニュージーランド https://www.state.gov/documents/organization/256341.pdf Section I. Religious Demography に記載があります。 マオリ族の15%が最大、 Anglican は8.4%。

匿名回答1号さんのコメント
連邦議会の議員の半数が聖公会 https://books.google.co.jp/books?id=bUAnDwAAQBAJ&pg=PT133&lpg=PT133&dq=%E9%80%A3%E9%82%A6%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E3%81%AE%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%8D%8A%E6%95%B0%E3%81%8C%E8%81%96%E5%85%AC%E4%BC%9A&source=bl&ots=re8rC-oJoU&sig=GMG58Jbrif0fO7F_Ym7YbK-kvqE&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjS57GQyNbXAhUJfrwKHdbIDcUQ6AEIJjAA#v=onepage&q=%E9%80%A3%E9%82%A6%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E3%81%AE%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%8D%8A%E6%95%B0%E3%81%8C%E8%81%96%E5%85%AC%E4%BC%9A&f=false っていう情報も見つかったけど、信頼していいのかどうか。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E4%B8%8B%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E4%B8%80%E8%A6%A7 下院については現役434人中、聖公会は31人、 議員総数からみて7%といったところですか。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E4%B8%8A%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E4%B8%80%E8%A6%A7 上院の方は宗教の欄がありませんので不明です。

匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。 <1>米国には、英国聖公会の教会はないわけなんですね。 イングランド人が、駐在しているときは、米国聖公会に通うという感じか、と思いました。 聖公会は、オーソドックス(正教)と同じで、国ごとなんだ、と思いました(!)。 <2>下記の記事がありました。これを見ると、人口はともかく、政治パワーはありそうな気がします。 富裕層における比率や、職業別での比率があると興味深いと思われます。 米国聖公会の運営する学校(大学、高校、中学、etc)など、どんなふうか、と思いました。 英国聖公会の運営する学校はあるのだろうか、とも思いました。 米国における教会員はおよそ300万人である。富裕層や社会上層部に信者が多く、歴代のアメリカ合衆国大統領の1/4、アメリカ合衆国最高裁判所長官の1/4は米国聖公会の信者である。またアメリカ合衆国議会と合衆国最高裁判所判事の約半分が信者である。ただし、近年では社会的影響力を付けてきたヒスパニック移民の信者も増加傾向にある。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E8%81%96%E5%85%AC%E4%BC%9A

匿名回答1号さんのコメント
https://matome.naver.jp/odai/2142037700057879501 ここの情報によればオバマまでの44人中11人の大統領が聖公会だから 確かに1/4ではあるんだけど、 11人中7人が南北戦争より前なんだよね。 第二次世界大戦以降に絞ると12人中2人だけ。 だから過去の栄光というか言葉のマジックというか。 現在も同じ影響力があるとはとても思えない。

匿名質問者さんのコメント
そうなのですね。たしかにマジックですね。ありがとうございました。 ★1:植民地であったアメリカに移住した英国人ですが、 本国で主流派(英国聖公会)であった人が、 独立戦争後も、そのまま、米国の支配層を占めたのであろうか、 と感じました。 ★2:南北戦争によって、英国からの移住してきた時点での支配層と、 新興支配層との入れ替わりということがあったのかもしれない、 と感じました。 英国から移民してきた主流派というのは、南部の大プランターなどに多かったのかもしれない、 とも感じました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ