人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜ、オススメのお店を他の人に教える時って「紹介する」って言うのですか?

「紹介」って、教えたことで自分にも良いことがある時に使う言葉ですよね?
なぜ、お店を人にオススメするだけなのに「紹介する」と言うのでしょうか。
お店の人の知り合いでもないし、教えたことで報酬があるわけでもありません。
「紹介する」という言葉を使われた時、紹介したことでその人に何の得があるのか勘ぐってしまいます・・・。
なぜ、オススメのお店を他の人に教える時って「紹介する」って言うのですか?
語源をご存じの方がおられましたら教えて下さい。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

言葉の定義を論ずる場合は辞書を調べるのが基本です。

紹介
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/107613/meaning/m0u/
> 未知の人どうしの間に入って引き合わせること。
> 知られていない物事を世間に広く教え知らせること。


https://kotobank.jp/word/%E7%B4%B9-530407
> 間をとりもつ。「紹介」


https://kotobank.jp/word/%E4%BB%8B-456640
> 間に入ってとりもつ。「紹介・仲介・媒介」



むしろ

> 教えたことで自分にも良いことがある時に使う言葉ですよね?

がどこ情報なのか知りたい。


匿名質問者さんのコメント
どこ情報、って・・・? 普通に、当たり前に使われていることに、どこも何もありますか? あなたは赤信号で停まっている人に、 「赤信号で止まる、というのは、どこ情報ですか」 とたずねるのですか?

匿名回答1号さんのコメント
普通に当たり前に”使われてない”から 辞書の定義を再確認したわけなんだが?

匿名回答4号さんのコメント
私はそこそこ辞書好きですが、「紹介」が「教えたことで自分にも良いことがある時に使う言葉」という定義を見たことがありません。誰(何)がそう定義したのか、とても知りたいです。

匿名回答2号さんのコメント
すべての辞書に「紹介」の項目はありますが、「紹介料」については 掲載されません。しかし(社会通念として)帳簿上には実在します。 リベートや斡旋手数料やピーナッツなど、大人専用のキーワードです。 https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6626139.html(20110328 07:03)

匿名回答4号さんのコメント
> 「紹介料」 紹介したことでもらえる料(金)は利益にあたるかもしれませんが、紹介そのものに「自分にも良いことがある」という意味はないと思います。

匿名回答1号さんのコメント
2号さん。 見返りが存在しない時には「紹介」という言葉を使うべきではないという 質問者さんと同じ立場の意味で言ってるという事ですか?

2 ● 匿名回答2号


わたしの通う眼科医は、特別な検査や手術を奨めるにあたり、もより
の大病院にあてて「紹介状」を書いてくれます。あたらしい眼鏡を買う
ときには、所定の検査結果を「処方箋」として渡されます。

ルソーが、ヴォルテールを訪問して「紹介状がなければ会わない」と
断わられたので、一念発起して「紹介状」のかわりに《社会契約論》を
書いて懸賞に入選した(うろおぼえの故事を十数年前から検証中)。

…… 物を尋ねる作法も知らぬような男には、間違いッこのないように
教えてやらないと呑込まれない(長久保 赤水)。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19780911 おらんだ正月


3 ● 匿名回答5号

他の方も書いていますが、紹介=紹介料と勘違いされている気がします。

私も辞書を引いたところ「知られていない物事を世間に広く教え知らせること」とありました。雑誌で紹介された、日本文化を海外に紹介、新刊紹介など。

参考コトバンク:
https://kotobank.jp/word/紹介-530753

「日本文化を紹介」は紹介料は発生しないと思います。
情報を教えて双方に利益があるといった意味での紹介はプラスのイメージが強いでしょうか。

ただ「自分にもよいことがある時に使う」わけではないですよね。私もこの表現にあれ?と思いました。紹介状は医師にとっていいことがあるかどうかわからないですし。


4 ● 匿名回答2号


辞書を読まない質問者と、辞書しか読まない回答者が争っている。
辞書にあれば、かならず存在するわけではない(幽霊や天国など)。
辞書になくて、かならず実在するものもある(誤釈は掲載なし)。

…… ご・しゃく【語釈】ことばの意義の解釈(P797)。
…… くん・しゃく【訓釈】字義をときあかすこと(P666)。
── 新村 出《広辞苑 第二版 19690516 岩波書店》

…… 争う者がいた(略)裁判に持ち出したが、決着がつかず、あとま
でしゃべりつづけた方を勝ちとするだけであった(韓非子 3-P007)。
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003321030

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ