人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律(著作権)に詳しい方に質問です。
大学の講義の内容をブログに書くのは法律的に大丈夫ですか?
例えば、大学で勉強した憲法や民法、経済の解説をするなどです。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

著作権法は「表現」を保護しますが、「内容」を保護するものではありません。
よって、講義の板書をそのままとか録音・録画をそのままではなく、
自分のことばで要約するのは著作権法上の違反にはなりません。


匿名質問者さんのコメント
返信ありがとうございます。つまり表現の内容をそのまま使用してはいけないけど、内容を自分なりに解釈して言い換えればブログに書いてもいいって事ですね。

2 ● 匿名回答2号

余り詳細にわたると危ないと思います。


3 ● 匿名回答3号

http://www.waseda.jp/mnc/letter/2012jun/mnc_viewpoint.html

web公開

同じように、講義の内容を書いた授業ノートにも、板書した教員や、工夫して書いた人に著作権が発生します。こうしたものを著作者の許諾なく、勝手に複製したり配ったりすることは著作権侵害になります。

これは1号さんの言うとおりで、
無加工のまま掲載すれば著作権違反になります。

ところで、授業の中で使う分には、
著作物の使用制限がある程度緩和されている場合があります(第35条)。
一般公開するには出処の明示であるとか主従関係であるとかの
引用の要件にも注意を払う必要があるものと思われます。
また、自分の言葉で言い換えただけだと翻案にあたる可能性があるので、
やはり授業内容を「主」、自分なりの解説を「従」とした引用形式にするのが
安全確実な方法だと思います。

なお、法律の条文や裁判所の判決文などは著作権法の対象外ですので、
いくら使っても問題ありません(第13条)。


4 ● 匿名回答4号

いや、ダメでしょう。講師の作った資料やその場で語る内容、カリキュラム、権利はその講師にあります。どうせそれをちょっとリライトする程度のことしかできないでしょう?そういうの盗作って言うんですよ。仕事でやってる人はブログ内容から察して誰かを突き止めて来ますよ。

ましてや大学生なら論文執筆や研究で情報の出展を載せることはかなり重要なルールになります。最悪著作権侵害等でクレーム入りますよ。
ルールを守ることもできなければ大学生なんてやめたほうがいいですよ。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ