人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビジネス書の書評ブログを見ている方に質問です。

ビジネス書の書評ブログにどんな要素を求めていますか?
または、どんなところに惹かれて書評ブログを読むのでしょうか?
(例えば、要約を見たいから、役に立つかどうか知りたいから、レビューが面白いから…などなど。)

単なるレビューであれば、Amazonのレビューを閲覧すればいいと思のですが、、、
なぜ、ビジネス書の書評ブログを閲覧する人がいるのか気になったので、質問させていただきました。

よろしくお願いします。

●質問者:
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● dollarss
●334ポイント ベストアンサー

まず欠かせないのは、ターゲットが明確になっていること。ですね。
・年代
・業種
・立場(管理職・フリー・ベンダーとしてor客側で・担当者・ベーシックスキル・etc..)

それから
・書かれている内容と主旨
・読みやすさはどうか
・実用性(思想本なのか実用書寄りか)
オプションとしては
・筆者や編集者の紹介(著作者の主張の確からしさを推し量る)
などがあると目を引きます。

書評ブログをいくつか定期的に見ていますが、RSSで気になっていた本を見かけるとアクセスしてしまいますね。


銀さんのコメント
具体的に回答していただき、ありがとうございます。 読みやすさや実用性、著者情報をが知りたくて、書評ブログを見ているということですね。 つまり、情報収集のような形で利用している感じでしょうか。 かなり参考になります。 本当にありがとうございました^^

2 ● kaoato
●333ポイント

「書評」という形をとりながら、それ以外のことが多分にかかれているブログをよく読みます。

・本の内容をどのように解釈したか?
・ブログ主の経験に紐づいた内容
・ブログ主の感性や思考


>ビジネス書の書評ブログ

・仕事の実体験と関連付けられた内容
・ビジネスの実体験と関連付けられた内容

結局、「書評」の元になる本は何でもよくて、たんにベースとなるネタにしか過ぎないと思う。


銀さんのコメント
書評されている本や、その本の内容に興味があるのではなく、 その本の解釈の仕方や考え方、その知識をどのように活かしていくのか、 といったような部分を求めている感じでしょうか。 なるほどです。 そういう考え方もあるんですね。 ご回答ありがとうございました^^

3 ● tak
●333ポイント

書かれている内容の中でどんな具体的な文面があるのか、と言う事です。
もちろんそれらは、Amazonレビューや他のレビューサイトにもあるかもしれませんが、感覚的にはブログの方が多いと思っています。

書評ブログを見る理由は他には、
単にブロガーを知りたいから、でしょうか?
その人がどういう所に注目しているのか、
つまり、単にブログを読む延長です。


銀さんのコメント
書評を見たいから、というよりはブログの延長線上で見ているんですね。 ご回答ありがとうございました^^
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ