人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

36協定と生存権について質問です。


36協定は労働者の健康で文化的な生活を営む権利を害しており違憲だと思うのですが、なぜなくならないのでしょうか。法律に詳しい方、教えて下さい。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

単純に生存権を脅かしてるとは言えないでしょう。
1日に9時間働いたら過労死しますか?全然そんな事はありません。
また、低賃金ですから、少しは残業やらないと食べていけない、生存権を脅かされるという面もあります。もちろん論理的には逆ですが。


匿名質問者さんのコメント
死ぬ、死なない、過労死するしないの問題ではなく、健康で文化的な生活を送れないのではないと思うのですが、、、 少なくともこの36協定があるから過労死や鬱を発症する人はいるわけですよね。 それは健康で文化的な生活を侵害している法律とも解釈できると思います。

匿名回答1号さんのコメント
単純には、という事です。程度問題なので、36条が即座に生存権を脅かしているとは言い難いです。 一応、36協定にも上限が定められており、除外規定はあるものの、月間の時間外は45時間までとなっています。この程度であれば、それなりには、、、健康で文化的生活を送れると思います。数量的な問題はありますけどね。0でなければ、というほどでもないと思います。

2 ● 匿名回答2号


一票の格差が違憲判決とされても、すぐに対応できないのと同じです。
…… アメリカにおいて「20世紀の二大判決」の一つと言われている。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20091127 一票の格差 ? One Man-One Vote ?

…… キリスト教では、労働を(原罪を償う)罰と考えています。
http://q.hatena.ne.jp/1515201691#a1265963(No.2 20180108 04:17:54)
愚論早論 ? 風呂敷のように広げ、雑巾のように折畳む ?

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ