人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

若き日の藤子不二雄(二人組み)が手塚治虫に初めて実際に会う場面が「まんが道」にありますが、自分の記憶では手塚先生が「やあやあやあ、どうもどうもどうも!」と言って出てくるのです。
しかし、「まんが道」文庫版を読むとこの台詞はありませんでした。
とにかく「やあやあやあ」あるいは「ヤーヤーヤー」、「どうもどうもどうも」あるいは「ドーモドーモドーモ」といった言葉を読んだ記憶があるのですが……。
自分の記憶違いでしょうか、それともヴァージョン違いでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示願います。

●質問者:
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kaoato

色んな漫画家が描く手塚治虫1|手塚治虫になるために……
https://ameblo.jp/dorabrick-0903/entry-12083040961.html

さいとうはるお先生の『小学舘版 学習まんが人物館 藤子・F・不二雄』のシーンなのでは?


それか、ドラマのほうとか・・。



>「まんが道」文庫版を読むとこの台詞はありませんでした。

愛蔵版にもないですね。


kaoatoさんのコメント
>「やあやあやあ」「どうもどうもどうも」 僕の不確かな記憶では、ドラマの方がそんな感じだったような。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ