人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アーティスト活動の印税について質問です。近頃、歌手オーディションでよくある、事務所やレーベルに所属させず、楽曲提供してCDリリース、というのは歌手自身にメリットはあるのでしょうか。疑問です。単発でCDが出せても歌唱印税だけでは微々たるものだし、所属する訳ではないので次のCDが出せる保証はありません。プロモーションもどこまでしてくれるのか分かりません。結局は、主催者側が作詞作曲印税や原盤権で儲かるためのしくみなんでしょうか? 理解が間違っていたら教えてください。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

具体的には知りませんが、オーディションのためのオーディションなんじゃないでしょうか?
参加費などで利益を出す。
CDちょっと作るぐらいならいくらでもないし、プロモーションなんかやらなければ経費もかかりません。
もしかして、コマを拾えるかもしれませんし。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ