人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

燃費の経済学 ? みんなで謝れば悪くない ?

ガソリン・スタンドで「満タン」と云えば「何リットル」のことか?
車種によってタンクの容量が異なり、現在の残量も分からない。
適当なところで、ホースを閉めるらしいが、その目安は何だったか?

わたしは、約25年間の運転経験があるので、いっぱし計算はできる。
補給の時点で、走行距離のキロ数Xをメモするか、暗記しておく。
次回「満タン」時のキロ数Yを引けば、「Y?X=Z」が得られる。

あとの料金「α」を「Z」で割ったものが、一キロ当りの燃費である。
もちろん市街地の通勤や遠距離ドライブ、道路の有料・無料で異なる。
ちかごろ思うに、すべてのドライバーが、同じ計算方法とは限らない。

現代の国際社会では、算数教育の普及も成果も、一律ではないはずだ。
いかに日本車が「燃費」を宣伝しても、理解されているか怪しいのだ。
そこで、あなた独自の計算法や、外国人の理解度など語ってください。

http://q.hatena.ne.jp/1316926682(20110925 13:58:03)
燃費に関する過去質問
http://q.hatena.ne.jp/1341100589(20120701 08:56:29)

Ex libris Web Library;燃費不正を謝罪する各社

1517332002
●拡大する

●質問者: adlib
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● GM91
●125ポイント

基本セルフで給油してオートストップまで。出先とかでフルサービスの時はギリまで給油されたりもするけど1L前後は誤差ってことで。

区間距離は給油の時に、トリップをリセット。
給油量レシートとトリップ、オドメータをあいほんで撮影して帰宅後にExcelにつけてます。


adlibさんのコメント
>オドメータをあいほんで撮影して帰宅後にExcel<

GM91さんのコメント
ちなみにウチのクルマ、燃費計あるけど逆数表示でツラい。

adlibさんのコメント
逆数って、どんなのですか?

GM91さんのコメント
普通は1リッターあたり何km つまり km/Lですよね。 その分子と分母が逆ってことです。 L/100km 100km走るのに何リッター必要か? 方式。

2 ● グラン只里予☆迂舞某
●125ポイント

いつもニコニコ現金払いなので、ガソリンを入れる時。
セルフスタンドを利用しています。
大体自分の車のタンクの大きさは知っている。
あと、満タンでセルフでガソリンを入れるのが怖い。
長距離ドライブで、行きしなに1回入れた経験があるだけ。
いつも、3?4000円ぐらいを入れます。
それならば、金額の上限で止まるので万一にも溢れることがない。
4000円入れれそうだけれど、きわどいか? という時には3000円でやめておきます。
無駄にガソリンを入れ過ぎると重量が重くなって燃費も悪くなるし、ガソリンが沢山入って居るからとついつい移動距離が増えてしまうから。
ガソリンスタンドへの往復ガソリンを使ってしまうことも考えれば、重量で燃費が変わるなんて誤差なので、ギリギリまで走って満タンが効率良く、無駄な時間を使わないで済むのもわかっていますが、何故か満タンを入れる習慣が無い。
セルフのスタンドで場所によってはお釣を取りに行くのが面倒なケースがある。併設された喫茶店で受け取るとか、そこまで面倒では無くてもレシートのバーコードを機械にかざして受け取る等。
そういう意味では、セルフのスタンドであれば、3000円や4000円の定額で給油するほうが手間も省けて良い。レシートもすっきりとした金額になるので、経費で落とす時の計算も楽。
クレジットカードを使うというのも手ですが、クレカだとそのスタンドと提携していないと損な気がするし、機械に自分でクレジットを読ませるのもなんとなく拒否反応が出てしまう。

というわけで、大体ガソリンが1/4を切ったところで4000円分ぐらい給油することの繰り返しです。


adlibさんのコメント
>入れ過ぎると重量が重くなって燃費も悪くなる<

3 ● crode
●125ポイント

質問内容を見るに「表示されているガソリンタンク容量や、ガソリンスタンドでの給油量まで含めて、自動車業界は燃費の不正をおこなっている疑いがある」という事を問いたいのでしょうか?

燃費とはガソリン1Lあたりで走れる距離をいいます。この「ガソリン1Lあたり」の「1L」自体が実際は「1.2L」に水増しされていての長く走れるという不正ではないか?、という心配は今のところないでしょう。報道されている内容とは無関係です。

1.カタログに記載してあるタンク容量より多く入るので長く走れるのか?
ガソリンタンクには空気だまりやホースがあり、またガソリンに安全のため混入される空気もあり、入れ方によっては若干多く入ります。
そのため「1Lあたりのテストではなく、カタログのガソリンタンク容量×カタログ燃費から計算した限界距離より長く走れるか?」については、不可能ではない、ということになります。
ただし、50Lのタンクに52L入った結果、長く走れたとしても52L消費した結果なので、1Lあたりの燃費とは無関係です。

基本的には、給油器のオートストッパーが作動し、かつ車内の燃料メーターが満タンになっていれば満タンとみなします。

2.ガソリンスタンドは給油した数値より多めにガソリンを入れて燃費が伸びたように見せているか?
コレはまずないと思います。給油器のメーターはかなり厳格な検査があり、1/1000Lの誤差ぐらいしか認められていません。また仮に不正して多めにガソリンを入れていたら大損です。潰れます。


adlibさんのコメント
>業界は燃費の不正をおこなっている<

4 ● miharaseihyou
●125ポイント

私も燃費は気にしている。

私のフィールダーだと夏と冬の差はリッターあたり2km程度は違う。
冬は寒いのでアイドリングストップしないから、余計に燃費が落ちるようだ。
先日代車で軽四の箱バンに乗ったが、私の1500よりも燃費が悪かった。

私は基本的に給油するときは常に満タンにする。
満タンにしないと燃料タンクの内部が錆びてくるから、メンテナンスの意味もある。
その時に短距離用のメーターをゼロにしておく。
そして次回の給油時に距離を給油量で割る。
これでおおよその燃費がわかる。

現在はどの車種でも燃費をアピールするようだが、3ナンバーの燃費が悪いのは昔と変わらないね。
アルヴェルもヴェルファイアも、あの攻撃的な面構えは何とかならんか?
あの手は女性が好むらしいが・・・。


adlibさんのコメント
>短距離用のメーターをゼロにしておく<

miharaseihyouさんのコメント
燃費の計測値の不正はグレーゾーンだっていわれているね。 実際に測ればメーカー発表の燃費よりもかなり落ちるのはよく知られている事実。 カタログデータは相当に理想的な条件をそろえて計測するんだが、さらにプロドライバーがきっちりと省エネ走行するんだから違って当然と言える。 もっとも、さらに上乗せをマニュアルで行ったっていう疑惑もあるね。 公的な機関が標準的な条件で偏差が出ない程度の回数のテスト走行を行って数字を出すべきかもしれない。 そう言う数字しか発表できないように法定するのが理想的といえる。 ・・・が、メーカーの献金が太いからなぁ。

miharaseihyouさんのコメント
ついでながら、先日車検のついでにプラグとベルトとエアフィルターとオイルの交換をしたら、かなり燃費が良くなった。 10万キロ越えてたから・・・まあ、そういうことで・・。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ