人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

決まってる面接日はこちらが指定した一週間後の日ですが、その日より早く行けるようになったのですが、日を早めてほしいと言うのは辞めた方が良いでしょうか?早く受けて早く働きたいというこちらの都合です。

●質問者: kira8875
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● adlib


合理的な人にとっては「早く決めて早く働く」のが、正しい選択です。
合理的でない人は「いったん決めたことは変えたくない」と考えます。
わたしの推測では、合理的な人より、合理的でない人が多数なのです。

あなたが合理的であれば、合理的でない人と協調するのは不合理です。
事情が変ったので「早く決めて早く働きたい」と言うのは合理的です。
愛想よく申し出て、不機嫌に対応される可能性も、なくはないのです。

もうひとつは、相手が合理的でも、さきに充足するケースもあります。
ほぼ同じ条件のライバルが現われ、すぐに即決したい状況の場合です。
一般的な作法は、よい知らせは午前中、わるい知らせは午後にします。


2 ● seble

決まっている面接日は、1週間後のあなたが指定した日、という事ですね。
書く順序で勘違いしてしまいます。

何にしろ、決まった事を覆すのですから、やむを得ない事情であれば致し方なし、という判断になるでしょうが、単にあなたの希望だけで変更を望むのはちょっとわがままと言えなくもないと思います。
会社の都合次第ですが、あなたが一度決めた日を、そこをやはり、というのはあまり良い方法には思えません。
あなたが1週間早く働き始めたところで世界が救われる訳でもありません。大した意味も無いように思います。しかも、まだ採用が決まった訳でもないし。
ライバル出現を先制したいというのもあるかもしれませんが、それはそれで策を巡らせすぎとも思えますし、余裕のなさを感じます。急いては事をし損じる場合も多いですし、予定を守るというのもビジネスでは大事と思います。よほどせっぱ詰まった事情があるのでなければ、1週間待てばよろしいのでは?

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ