人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「保険料を対価とする役務提供」というのが、 消費税の非課税取引に挙がってますが、これは保険料が非課税だという意味なんでしょうか? どうもよくわからないのですが。
保険料を支払ったことの対価は、保険事故が発生した場合の「保険金」だったり、「給付金」だったり、名称はともかく、一般的には、金銭です。これは不課税取引ですね。他方、保険事故が発生した場合のサービス(損害保険会社の手配で、「レッカー車が来てくれる」「弁護士が来てくれる」とか、一般的ではなく議論されているだけでsが、生命保険会社の「介護サービス」を受けられる)が、「保険料を対価とする役務提供」の意味のように読めるんですが、いかがでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ