人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

音楽のキー、スケールについて質問させてください。

浮かんできたメロディにB♭m7-F7-B♭m7-F7-F♯7-F7-B♭m7と弾くとスムーズだったのですが、
調べてみてもちょっとキーとスケールが判別できませんでした。

一度三和音にして考えるべきなのでしょうか?それとも知らないうちに何かを代理しているのでしょうか。

判別のための情報が足りないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

●質問者: cymbals6022
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● みやど
●50ポイント

F♯7はG♭7と書くべきです。

クラシックだと最後の直前以外は7がつかないものです。(もっとも後の時代になるとあてはまらなくなりますが。)

それだとF7-B♭mで終わるので最後の和音が主和音となる調(B♭マイナースケール、学校教育だと変ロ短調、クラシックではドイツ語でベーモールと呼ぶのが主流ですが)と考えられます。


shampoo-soapさんのコメント
I-V-I-V-VI-V-Iですね

みやどさんのコメント
ちょっと下の回答に対して注意しておきますが、倍音はドドソドミソ(昨日の私の書き込みを訂正しました)の次はシ♭ですからね。ドイツ音名の由来だと言うなら分かりますが。

2 ● adlib
●50ポイント


この旋律は、他人が聞いてすぐ口ずさむ、というものではありません。
ポップスやクラシックいずれでもなく、それなりの法則性があっても、
限られた空間の試みなので、その評価は、ピンからキリに及ぶでしょう。

……「よい形式の、唯一のテストは興味の連続することである、今まで
だれもそんなことはやらなかった」と独創を重んじた彼は、はたせるかな、
つぎに聴く《ボレロ》で、だれもやらなかった試練を課しています。

Ravel, Joseph-Maurice 18750307 France 19371228 62 /
── 《Boléro 19281120 Paris》
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19710708 Paper Concert

わたしの仮説では、通常の音階(ドレミファソラシド)の不規則性は、
管楽器(たとえばホルン)の倍音が基調です。ドド・ドソド・ドミソド
・ドミソシドの順に異音が追加され、ドレミファソラシドに収斂します。

いまのパソコンが「ABC・いろは・五十音・JIS」を「非漢字」
として扱っているのは、過去の規則性を踏襲しているだけで、かならず
しも自然律にしたがっていないように。

…… いわゆる伝統的な書法で作曲されているから古くさいとはいえな
いし かといっていつまでもそれに負ぶさった作品も物足りなくなるの
ではないでしょうか

黒沼 それはそうです(略)旧来どおりの書法を中心にして まったく
新しい手法も採用するというペンデレッキーなどは いいと思いますね
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19690712 日本の弦楽四重奏談 ?

…… マーラーはシェーンベルグが理解できなかったが、生涯を通じ、
弁護した(略)理解できないから非難する人たちも、見習うべきでは。
http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC&ao=a

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ