人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

橋本行革に関連してですが、北海道開発庁、沖縄開発庁は、もともと、そんな違う仕事してたのでしょうか。橋本行革では、北海道開発庁は国土交通省に統合し、沖縄開発庁は内閣府に統合されました。どうしてなんだろうと思いましたので質問します。
なお、両庁とも、もともとは総理府(内閣府の前身)から出発しています。
他方、両庁の長官はいつも兼任され、さらに、建設大臣・国土庁長官の兼任が殆どだったと思います。

たとえば、人的な理由でしょうか。両庁とも、他省庁からの出向者が幹部を占めており、北海道開発庁は、国土交通省系が多く、沖縄開発庁は総理府系が多かったんでしょうか。
あるいはまた、沖縄は基地の問題があり、内閣府の下にある方が連携しやすいのでしょうか。



●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

「沖縄は基地の問題があり、内閣府の下にある方が連携しやすい」その通りです。
内閣府の下部組織である方が政治中枢に近く、要望や予算の通りが良いので、何かあったら迅速に対応できる。
「忖度」がやりやすい・・・と言えば分かりやすいかな?


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。 橋本行革により、その点は改善されることになった理解で大丈夫そうですね。 建設大臣(建設大臣が、沖縄開発庁長官を兼務している状態)よりも、 意思の疎通はよくなったはずと考えられます。 実際にも、意思の疎通はきっとよくなったのなったのだろうと思います。

質問者から

回答一号さま、ありがとうございました。

沖縄の件は、基地の問題があるゆえ、内閣府に統合する、というのは、
明言されていたのかどうか、と思いました。
法案に関する説明文に明示されていた、とか、政府答弁であった(野党などから質疑があり)とか、
審議会議事録などにあったとか。

「基地の問題について、配慮している」と書いてしまうと、
法案が国会で通りにくくなったりして、面倒ではないか、と思いましたゆえ。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ