人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私が24歳のとき、230万円の自動車を自分のお金で買いました。
すると叔父が
「お前なんかが乗る車は軽自動車でいい!」
と激高し、罵倒しました。
その怒りが収まるのに1年も要しました。
真冬の夜に突然呼び出されて説教を喰らったこともあります。
叔父の息子が22歳のとき、叔父に1100ccのバイクを叔父にねだって叔父のお金でバイクを買ってもらいました。
私が自分のお金で自分の車を買うのは悪くて、当時無職の叔父の子には高級バイクを買ってやるというのは悪くないというのは納得できなかったので、
叔父に言うと、聞く耳持たずでした。
皆様はどちらが悪いと思いますか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

質問者の書かれている情報を理屈で考えると叔父が悪いとしか言えません。
しかし、叔父の中には叔父独自の理屈があるのかもしれませんし、感情で動くのかもしれません。
個人的には、呼び出されても応じないといった対応をお勧めします。


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。 この事件の後も色々あって、最近、叔父とは縁が切れました。 ただ、私の心の中ですっきりしないものがあり、質問させていただきました。 >叔父の中には叔父独自の理屈がある 他人がやると許せないことも、自分がやる場合はいいという、典型的な自己中心的理屈だと思います。

2 ● 匿名回答2号

物事を善悪二分で判断するのは、精神病への第一歩なので、健康の為に、おじさんとの関係を断たれることをお勧めします。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。

3 ● 匿名回答3号

ただただ忘れればいい。主が今いくつなのかは知らないが、
おそらくはこの件から数年が経過しているのだろう。
それなのにこんなに根に持っている方もどうかと思う。
この件に関してはあなたに非はない。
縁を切ったのならもう忘れろ。コメントも要らない。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ