人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

介護入所施設職員です。
現在入所中のある利用者のキーパーソン(入所契約者)から、面会制限をしてほしいとの訴えがあり、面会制限の可否の書面を作成し、面会制限ありの内容にてキーパーソンにサインを頂きました。
キーパーソンのおっしゃる面会制限の具体的な内容としては、「当該利用者様に面会希望に来られた方の、キーパーソン以外の面会を受付にてお断りしてほしい」ということです。
そこで質問なのですが、このような面会制限がはたして法的に有効なのかどうかお教え下さい。面会したいのにキーバーソンの意向で面会できないご家族様から、当施設のこのような措置を訴えられた場合を懸念しています。
法律に詳しい方、同業種の方等々、ご享受いただけたらと思います。お願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康 生活
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

利用者様本人の情報が抜けておりました。申し訳ございません。ご本人は認知症をわずらっており、会話は一見できているように見えますが本人の意思で面会の制限の可否を決定した場合、はたして本意なのかどうか定かではありません。直近の主治医意見書の認知症生活自立度は?です。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ