人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゴキブリ駆除の薬剤のことですが、その毒入りの餌を食べたゴキブリは巣に戻り、糞をする。そして、死んだりする。ということで、その糞や死骸を他のゴキブリが食べると、こちらも死ぬということです。
そうすると、巣にはゴキブリの死骸が溜まるわけです。
ゴキブリの死骸がどこかに溜まっていると良くない、耐性のあるほかの生き物がそれを餌に増殖する可能性もあるかもしれないし、とにかく、死骸は片づけたいと思うのが普通だとおもうのですけれど。
⇒⇒ 皆さまはどうされてますか。
⇒⇒ そもそも、死骸は放置すればよいというのが、基本的な考え方なのでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

天井の裏を見てみてください。きっとあなたは発狂しますよ。
眼の前にないなら、存在しないのと同じです。

あともう一つ。
生物が生きることにおいて絶対に耐性を獲得できない物質は当たり前に存在します。
その駆除剤がそういう物質を使用しているかは知りませんが、増殖する可能性はあまり考えなくてもいいと思いますよ


2 ● 匿名回答2号

あなたが普段吸入しているいわゆる空気中にも超多数の生物の死骸(の一部)が混じっていますよ。死んであなたに害を与えない存在なら、目に見えることもない存在なら、気にしないことです。


3 ● 匿名回答3号

考え方としては総量規制です。
駆除の方法として、食物連鎖の中に毒物を効果的に挿入する方法が一番優れていると、経験則で分かっています。
数百匹・・いやそれ以上の数の大きなゴキブリが処構わず這い回るよりはマシってワケです。
何もしなければ果てしなくねずみ算式に増えるのがゴキブリです。
当然ながら、死骸や糞を見つけたら掃除します。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ