人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

安倍政権を批判している野党が政権を取った場合、新政権の支持者は補助金の申請や特区申請はできなくなるのでしょうか?

いわゆるモリカケ問題で安倍政権が批判される理由の一つに、親しい人物や組織に補助金(税金)や国有財産を融通し、利益供与を行ったからというものがあります。
であるならば、野党が政権を取った場合、新政権と親しい人物や組織、支持者に補助金を給付したり特区の申請を受理する行為は安倍政権と同様の利益供与となるためできなくなるはずです。
そして、現在の与党側の人物・組織・支持者であれば、新政権とは親しくないので補助金や特区申請は利益供与にならず、敵対する相手だけが優遇を受けるという逆転現象が起きるのではないでしょうか。
野党が政権をとっても支持者のための政策は行えなくなるわけですが、野党支持者はこの点について考えたうえで政権批判をしていますか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号


http://takedanet.com/archives/1071683792.html(20180621 10:25)
野党は政策があるのか? 野党は民主主義を 守って欲しい(武田 邦彦)
http://takedanet.com/archives/1071161776.html(20180509 10:25)


2 ● 匿名回答3号

「万引き家族」の監督が、政権を批判しながら国から助成を受けていたのはおかしい、と言っていた人たちが、いつか現与党が下野した時に「現政権を批判しているので国からの助成・補助金のたぐいは受けない」と言うのかが気になります。
このケースでは政権を支持しようがしまいが助成を受けて全然かまわないと思っていますが。
どっちの支持者であれ、ダブスタはかっこわるいですね。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ