人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

蚊は雨の降る直前位から活発に動き回るということ、雨が降りそうになると、なんとなく、空気が湿気てきます。それを感じているのか、と思ったのですが、あたっていますか。
関東地方ですが、そろそろ雨が降りそうだな、という状況にて、庭に出たところ、蚊が何匹も現れました。昼2時ごろにて、普段は日が照っている筈の時間ですが、雲が空を覆っていたので、夕方に近かったのかもしれません。しかし、日が照っていないということよりも、空気が湿っぽいことが、原因ではないか、と思ったのですけども。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

http://richlife100.com/4980.html

虫は気圧や気温の変化を敏感に感じ取り、雨が降る前に避難のために軒下などに避難すると考えられています。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。それゆえ、家の出入口などに蚊がいたりするのですね。いつもよりも。

2 ● 匿名回答2号

湿度の変化も関係しているのかもしれませんが、温度の変化が蚊の活動に大きく影響しているという可能性もあると思います。
関東地方・7月末・普段は日が照っている筈の昼2時の庭ならば、相当に高温になっていると想像出来ます。たぶん、アカイエカが庭の木陰、草陰に潜んでいて、通常なら気温が下がる夕刻から気温が上がる午前中までが活動時間帯なので、昼2時には活動はしないでしょう。蚊の成虫は、雄も雌も植物の蜜や樹液を吸って生活しています。飛ぶ力も高くないので、風を避け大樹や建物の陰にへばりついて過ごしています。住宅地の野外でもっともよく見られる蚊柱はアカイエカのもので、水が多い付近で猛烈な蚊柱はユスリカのものです。蚊柱は、夕刻で気温が下がりの風も弱くなった蚊にとって活動しやすい条件がそろったときに、雄が羽音を立てて群飛して雌を呼び引き付けるためにする活動のようです。 産卵するのは雌で産卵は水面ですから、湿度の感覚も鋭敏なのでしょうが、活動の状態を決める基本は、温度と風なのでしょう。交尾してから雌の卵巣が発達し卵を育てるために雌が吸血し、その後産卵を水面で行うので、産卵行動と水分を考えても、雨が降りそうになった・大気中の湿度が上昇した・気圧が下がったという状況変化が、そう強く行動を変化させるとは思いにくいです。気圧や湿度の感覚が鋭いかどうかは、わかりません。羽音に敏感だったり、卵を育てる途上にある雌が二酸化炭素や湿度、赤外に敏感だったりはするのだと思いますが、、、
多くの蚊は、樹木の幹や枝に止まっていて、木の葉が日陰を作り、雨よけにもなっているので、雨を避けるために軒下に移動するということは少ないと思います。


そろそろ雨が降りそうだな、という状況にて、庭に出たところ、蚊が何匹も現れました。

観察されたことは、夏の温度が上昇し続けていた昼に、雲がかかり気温が下がり、一時的にしろ風が弱い状態だったので、活動開始!という気分に蚊はなったということではないでしょうか。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます! ?『蚊の成虫は、雄も雌も植物の蜜や樹液を吸って生活しています』 人の血を吸わなくても、生きていけるのですね。 しかし、人がちょうど出てきたのなら、 人の血を吸おうとするということなのでしょうか。 人の血を吸うと、叩かれて死ぬ危険が増しますけど。 私は、普段、庭には出ないようにしているのに、 どうして、うちの庭に蚊は住んでいるのだろうか、 生きていけるのだろうか、、、、、 私が玄関でゆっくりしたり、庭に偶々出たみたときに、 他所からたまたまちょうど、到来した蚊なのだろうか、などと 不思議に思っていました。 有難うございました。 ?『気温が下がる夕刻から気温が上がる午前中までが活動時間帯』 昼は暑いから庭に出られませんし、 夕方は蚊が出るので出たくない、、、、と思っていました。 そのため、朝起きして、庭に出ればよいかなぁ、 と思っていましたが、 それは間違いだとわかりました。 早朝も蚊が活動しているのですね。 私は、庭樹の剪定や、除草剤撒布を、 朝早くに起きて行おうかな、と思っていたんですが、 おかげさまで、無駄に早起きせずにすみました。 有難うございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ