人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近気になっている(自然)言語学的疑問の一つに「2つの相反する意味が一つの言葉に込められているいくつかの言葉がある」ということがあります。例えば「適当」という日本語には「適切」「正しい」「良い」という類義派生方向の意味の広がりと、それとは正反対に「いい加減」「無思慮」「悪い」という意味方向の相反する二種類で使われます。

例えば、「あいつ適当なやつだからクビになった」という例文では後者の意味になります。

あ、そう言えば「いい加減」という日本語も正反対の意味が一つの句として運用され、文脈全体で判断しないと理解できないような日本語ですよね。

最近では「恣意的」「恣意性」という言葉がそのようなアンビバレントな運命を背負わされた難語化しているのを知りました。

言語学的には「何語」というのでしょうか?
他の同様の例はあるのでしょうか?
又、外国語でもこのような現象は存在するのでしょうか?

●質問者: minminjp2001
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● みやど

最近だと「やばい」が変化してきています。

「停止条件」は民法とプログラミングで正反対の意味です。

英語だとこちら。
https://allabout.co.jp/gm/gc/59448/


minminjp2001さんのコメント
ああ、思い出した。アメリカの街場のスラングレベルですが、「BAD」はほとんど「かっこいい」の意味ですよね。 多分マイケル・ジャクソンの唄のころに変わったのかな?知ってる人教えて。

minminjp2001さんのコメント
これは言語の何々現象とかっていう研究n対象にはなっていないのですね?ふむふむ

minminjp2001さんのコメント
でも上のリンクの記事内容もちょっと同意出来ない部分はあるな。 「adopted」って「採用」が中心的意味だから養子も養父も「同じ」傾向の意味だと思うが。

みやどさんのコメント
先公、ポリ公の「公」とか。 「煮詰まる」とか。 「盗品を悪意で買った」は正反対でもないですが、「隣人の出張中にペットを悪意で預かった」は正反対です。

みやどさんのコメント
英語でも***ual intercourseの意味で単に***という用法は普及していますが、本来「分ける」意味のことを逆に「交わる」意味に使っていることになります。本来の意味の場合はgenderと言い換えるのが普及してきています。

みやどさんのコメント
断る際に「いいです」「結構です」は悪徳商法で悪用されます。 それから「確信犯」「役不足」。

みやどさんのコメント
「私服」も最近は意味が変化しています。「変化していても正反対ではない」と言うかもしれませんが、警察官の私服の場合は正反対になります。

みやどさんのコメント
語でなく記号ですが、強調の意味で本来傍点を打つところを「」で括る用法がインターネットで普及して印刷物にも波及しましたが、これは左翼がよく使う「」の用法と正反対です。

minminjp2001さんのコメント
あれおかしいな今朝他の回答者の分とともにみやどさんにもレスをつけたのですが、今見たら消えている。

minminjp2001さんのコメント
「結構」・・・これですね、まさに今回の質問でわたしが探してた標本は。no thankyou とdeal!の相反的意味が内包していますね。 「公」・・・これも「光圀公」と「ポリ公」では正反対の意味ですな。 上記2つのコントロニムは同一傾向のものであり、相手方に対する「嫌味」が入ってるのではないか?と推測しますがどうでしょう。それと同様傾向のもので「オエライサン」「お+偉い+さん」という言い方も三重礼を尽くして相手を偉いと認めるよりも、ちょっと小馬鹿にする感じでしょう。

minminjp2001さんのコメント
「確信犯」・・・これは原義からちょっとズレて意味範囲が広がったというだけで正反対の意味というわけではないと思いますが。。。

minminjp2001さんのコメント
「役不足」・・・これは器<中身、器>中身、の相反的な意味が含まれているように見えますが、元々前者が原義で後者は誤用の結果そのようにコントロニム化したという例になりましょうかね。

minminjp2001さんのコメント
コントロニムの発生型には嫌味型と誤用型が多そうですね

みやどさんのコメント
消えているというのは私は見覚えはありません。 確信犯は正しいと思うか悪いと思うかという点では正反対です。何らかのことを分かっていてやるという点では一緒ですが。「マルチポストを正しいと信じてやる」ように犯罪でないことに対して使うのは比喩的表現と言うべきものですが。

minminjp2001さんのコメント
「intercourse」・・・ん?intercourseにdivide的な意味あるの?

みやどさんのコメント
intercourseでなく***の方ですが。

minminjp2001さんのコメント
>確信犯は正しいと思うか悪いと思うかという点では正反対です。 ああ、確かにその人の一人称視点の自己評価として見ると正反対と言えますね。難しい。

minminjp2001さんのコメント
「***」・・・ああ、わかりました。日本語二字熟語でいうと「*別」と「*交」で確かに相反していますな。ああ、こりゃいいわ。

minminjp2001さんのコメント
>警察官の私服の場合は正反対 ちょっとわかんない。私服警察官 背広を着て一瞥してそれとわからない警察官 スーパーの万引き対策で店内を巡回している私服警備員

minminjp2001さんのコメント
「私服」・・・職能的要請から選択された都市迷彩服としての背広である、という意味においては「本当のプライベートウエア」はなく、正反対なのかな。難しい。

minminjp2001さんのコメント
>左翼がよく使う「」の用法 これはわからない。強調ではなく何の目的で使うの?是認できない対象?

みやどさんのコメント
> 背広を着て一瞥してそれとわからない警察官 こちらは本来の意味で私服ですし、制服がある場合は現在も本来の意味で使うのが普通ですが、そもそも制服などないのにわざわざ「私服でお越しください」というのは最近の用法であって、こちらはスーツを着ないことなので典型的な私服警官の私服と正反対になります。

みやどさんのコメント
日本共産党がニセ「左翼」暴力集団と書く場合や逆に言われた側が日本「共産」党と書く場合は、「相手はそう称しているが我々はそうとは認めない」という意味です。左翼でなくても「イスラム国」と書きますが、「国と称しているが国と認めない」という意味です。

みやどさんのコメント
「募金」も立場が正反対になってきています。

minminjp2001さんのコメント
「募金」・・・金を募る≒金を集める≒集金 赤い羽根共同募金に集金しました・・・ああおかしいですね。なるほど。正しくは「共同募金に献金しました」ぐらいの言い方ですかね。

みやどさんのコメント
「ペイオフ」も保護する方(本来)にも保護を制限する方(「ペイオフ解禁」という場合の一般的な意味)にも使われます。

minminjp2001さんのコメント
その言葉はコントロニムの問題といか「解禁」という熟語の使い方が一般預金者にとってわかりにくい、という問題がある。「禁」は「制限」とほぼ同義。「解禁」≒「制限を解く」という意味なのに一般預金者視点から考えれば「金が下ろせなくなる」≒「制限される」状態を「解禁」などと表現しているのだから。オプトアウトの件で質問した時と同じ性質の問題でしょうが、こういう制度づくりをしている人間にとって預金者とか一般国民とかどうでもいいんでしょうね。

minminjp2001さんのコメント
ああ、ありましたよ みやどさん 「社員」・・・これはほとんど日常的日本語としては雇われる側を指していますが、会社法では株主、すなわち雇う側を指しており、「雇用関係」という対称軸においてコントロニムです。さて何型のコントロニムに類型できますかね?

minminjp2001さんのコメント
↑「募金」の場合もそうですが、「制度誤解型コントロニム」という感じでしょうか。

minminjp2001さんのコメント
似たような方面で面白くないですが、英単語の「recruit」も本来は「採用する」という意味であり、日本の就活学生がよく使う「お前リクルート活動もうやってんの?ウェーイ」みたいな使用はコントロニム化していると言えるでしょうね。それにしても「recruit」の語源は「兵士の採用」の意らしいですからテレビ朝日の玉川徹さんはもっと憤らないといけないのでしょうね。

みやどさんのコメント
「見直す」

minminjp2001さんのコメント
その心は?もうちょっとくわしく

みやどさんのコメント
「君を見直した」(現状を肯定) 「税率を見直す」(現状を否定)

みやどさんのコメント
「見送る」 https://www.katsuolog.com/entry/miokuru-gokai

minminjp2001さんのコメント
なるほど、「見直す」対象が人の場合と人以外の場合で動詞の意味が異なってきますね。正反対かどうかは微妙で場合によっては正反対になることもある、という感じでしょうか。

minminjp2001さんのコメント
新たに発見 ちょっとうんちく吹かすっぽいようですが 「人間」・・・・・日本語で「ニンゲン」と発音する場合はpersonに該当しますが、「ジンカン」と発音する場合はsocietyに該当し、単体/集団規定の相反関係になる。書き言葉としてのコントロニムではあります。

minminjp2001さんのコメント
「見送る」のリンク先のブログ記事は単なる「しつこいエイギョー」エピソードなんじゃないでしょうか(笑) 「断られた時こそエイギョーの本分だ」ぐらいの勢いなんじゃないでしょうかね

minminjp2001さんのコメント
もういい加減新投稿ないようなので、コントロニムではありませんが、派生的なトピックをちょっと書きたい。 「成年」・・・・この言葉、法的概念もアンビバレンツにますますなってきているように思います。民法改正で「成年」が20歳から18歳に引き下げられようとしていますが、社会全般ではネオテニー(幼形成熟)化が逆説的に進行しているような気がしてその無理矛盾限界が犯罪や不幸といった形で現れないかと危惧します。高校生大学生だって僕の世代ですらかなり親世代に比べたら幼稚化していたと思う。明治大正生まれの世代は学ぶも働くももっと早熟でオトナだったのではないか、と思うのです。はて民のみなさんはどう思うのかね?

みやどさんのコメント
ここに書いても私にしか通知は来ないはずです。別スレで質問した方がいいと思います。

minminjp2001さんのコメント
ああ、そういうシステムなんですかね? じゃあ、気が向いたら質問タテますワ。

みやどさんのコメント
「お礼参り」

minminjp2001さんのコメント
あはは 怖いですな。それを言うなら「かわいがり」も忘れないであげてくださいin角界。

minminjp2001さんのコメント
「押すなよ、絶対押すなよ」・・・お風呂芸人

2 ● sibazyun

デフォルトも原語のdefaultも、経済とプログラミングでまるで異なる。


minminjp2001さんのコメント
回答ありがとうございます。 ただ、「2つ以上の異なる意味の内包」というのと「2つの正反対の意味の内包」というのは言語論として別論点だと思っています。 自然言語というのは往々にして2つ以上の意味を負わされていて「頭を使ってバレーボールをする」というアタマと「サッカーは頭をつかってよい競技だ」のアタマは単に異なる2つ以上の異なる意味であって正反対といことではありません。

3 ● adlib


C調誤録 ? ジャズ業界に波及したスラング ?

「ジャズ」を「ズージャー」、「調子」を「シーちょう」と読んだり、
ハ長調を「C調」と呼ぶ。ドレミ=C・D・Eを(ドイツ語風に)読み、
ツェー万デー千イー百と云えば、1万2千3百円を指す。

── 藤本 義一・脚本《C調紳士録 19620710-19620925 日本テレビ》
── 桑田 佳祐・詞&曲/サザンオールスターズ&新田 一郎・編曲
《C調言葉に御用心 19791025 19880625 19980211 20050625 Invitation》

植木 等 タレント 19261225 愛知 東京 20070327 80 /“無責任男”シリーズ
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20070327 無責任な猫 ? クレージー・キャッツ ?
高田 純次 タレント 19470121 東京 /“テキトー男”

倜儻不羈≠適当付記≠徹頭徹尾(新島 襄遺言より) ? 恩師の条件 ?
── 司馬 遼太郎《この国のかたち〈1〉199309‥ 文春文庫》P196
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4167105608

……“ある種の独創家、独志の人、あるいは独立性のつよい奇骨といっ
た人格をさす”とあり、中江 兆民、坂本 竜馬が例としてあげられる。
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20111008 てきとうふき


minminjp2001さんのコメント
先生、よくわかりませんでした!

4 ● demok
ベストアンサー

コントロニム(contronym)という言葉をググってみるとよいのでは


minminjp2001さんのコメント
回答ありがとうございます。おお、コントロニムというレッテルがちゃんと与えられているのですね。貼られててよかった。

1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ