人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

銅は普通の酸には溶けないはずなのに、なぜこういったことが起きるのでしょうか。
http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20170627_02.html

●質問者: みやど
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ●
●100ポイント ベストアンサー

2Cu + O2 → 2CuO
2CuO + 4HCl → 2CuCl2 + 2H2O

銅は乾燥空気中では安定していますが、湿った空気中では徐々に酸化して酸化銅となります。
酸化銅は酸に反応して塩化銅になります。これは水に溶けます。

つまり「サビた水筒は危ない」ということ。
最近の水筒はコーティングされており錆びにくくなっているようです。


みやどさんのコメント
ありがとうございました。

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ