ネット上でサイドビジネス(ネットワークビジネス)をしようと思っています。資料請求を増やすには何か良い方法ありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:
  • 終了:--

回答6件)

id:bits-bits No.1

回答回数1349ベストアンサー獲得回数0

ポイント15pt

ネットワークビジネスについていろいろ勉強済みでしたら、こちらのサイトを回答するのは失礼かもしれませんが、了承下さい。

ネット上には悪質なサイトも沢山存在するので。。

上記サイトのリンク集です。

ネットワークビジネスの否定派・肯定派・情報提供とありますので、ご一読をおすすめします。

繰り返しますが、既にご存じの情報でしたら申し訳ありません。

id:kaikudou No.2

回答回数4ベストアンサー獲得回数0

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/1072244493#

ネット上でサイドビジネス(ネットワークビジネス)をしようと思っています。資料請求を増やすには何か良い方法ありますか?.. - 人力検索はてな

URLはダミーです

これは私の経験から言わせてもらうとネットビジネスをやるなら、確固たる信念がない限りアダルト系が一番儲かりやすい。

時間と、何より人手と元手がかからない!

ある程度まで、無料でユーザーを増やして、そこから有料にするのがコツです。

id:masaomix No.4

回答回数1023ベストアンサー獲得回数1

ポイント15pt

これはビジネスパートナー探しをネットで展開される方

皆さんにお考えいただきたいと思うんですが、

情報発信のためのメディアであるはずのサイト上で肝心なことが書かれてなく、

わざわざ資料請求が必要ということは、

パブリックな場では公開できない内容、つまり、

「胡散臭いこと」

「ヤバいこと」

「見る目がしっかりしている人から突っ込まれやすいこと」

などが隠されているな、という憶測を生んでしまうと思うんですね。

これは全く損なことで、これではせっかくのビジネスも印象台無しです。

したがって、もう今の時代、資料請求が必要なサイトの作りじゃダメ、

そういうリクルートの展開ではダメ、ということが言えると思うんです。

サイト上に全ての情報が書かれ、これ以上でもこれ以下でも無いという

安心感を得てもらってこそのビジネスです。

たいていの「サイドビジネス」って、ただの社員募集じゃないでしょう。

独立自営の「ビジネスパートナー」の募集なんです。

そのパートナーになるべき相手に不信を持たれるようなやり方は、

絶対に成功しません。仕事は信用が何よりの宝だからです。

従来請求者に送っていた「資料」は全てサイト上に開示しましょう。

複雑なシステムや了承すべき事項は明確に示しましょう。

そして完全に全てを納得して申し込んでくる人を、

「あなた」が選別していくんです。

普通、資料っていうのは、履歴書や仕事を始めるにあたっての所信などを、

申込者の方から送ってもらうものなんですよ。

今時、サイト上で内容が掴めないものの資料なんか欲しがる人はいません。

そういう手段の要らないビジネス展開を考案してください。

「悪徳商法」でなければ全てを明かして公明正大なパートナー募集ができるはずです。

id:mikone No.5

回答回数14ベストアンサー獲得回数0

ポイント15pt

オーソドックスですが、資料請求をした方に抽選で何か差し上げるというのは

いかがでしょう。

id:manabus No.6

回答回数3ベストアンサー獲得回数0

ポイント15pt

http://www.sem-research.jp/sem/

[SEM R] :: 検索エンジンマーケティングのことなら SEMリサーチ

検索エンジン経由のアクセスを向上させるマーケティング手法(SEM)を知っていますか?

例えば、○○が欲しいとあなたが思ったとき、検索エンジン(YahooとかGoogleとか)を利用し、求めている情報を探すと思います。

その検索エンジンの検索結果の表示順位を上げたり(SEO)、検索キーワードにマッチした広告を掲載したり(PFP)することを総称して、SEMと呼びます。

通常の集客とSEMの明確な違いは、何かを求めている人に対して、それに関連する情報を提供し集客している点です。

つまり、明確な目的をもったアクセスが増えるので資料請求等の具体的な行動につながりやすい集客方法といえるのです。

SEOは、はまると面白いですよ。

アフィリエイト+SEO

↑これ最強です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません