このたびの盗作騒動は、よく分らない点があります。

 スギ画伯の作品を、ワダ教授がコピーして(自分の署名で)売れば、
誰がトクして誰がソンしますか? つぎの循環だと矛盾しませんか。
 
1.スギ画伯の売上げが減って、ワダ教授の売上げが増える。
2.スギ画伯の名前が知られて、ワダ教授の評判が悪くなる。
3.スギ画伯の売上げが増えて、ワダ教授の売上げが激減する。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2006/06/09 18:40:08

回答34件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
フィクションですけどね sukeshi2006/06/05 17:21:20ポイント2pt

匂わせ、何も言わず、何も聞かない

そして成り行きを見定める

実が熟した頃に刈り入れ、収穫する


私が考えたって、仮にもイタリアで3本の指に入る画家の作品をマネたらいつかはバレるだろうって思います。

にも関わらず、なぜあのような絵を描いてしまったのか。


ワダさんがあのような絵を描くことには、そこにどのような条件があったにしろ相当のリスクが伴うように思います。

しかしながら、スギさんには基本的には何のリスクも伴わないのではないでしょうか。

逆にメリットが生じるケースすらあります。それを直接、ワダさんに指示さえしていなければ。


仮に、誰かが勝手に自分の作品をコピーしていることを知ったとして、それがそこそこの画家だったとしたら?

あるいは、指示することなく自分の作品を他人にコピーさせることが出来るのだとしたら?

---------------------------------------

ところで、盗作だとなった時点でワダさんは今後、これまでに得た利益に対し金銭的な制裁・償いをすることになるのでしょうか。

もししない(する必要が無い)のだとしたら…

 仮説(7)第三の男?  adlib2006/06/05 20:03:50

 SとWのカードが、似ているからといって、どうしてSをWが真似た

と立証できるのでしょうか。SがWを真似た可能性はないのでしょうか。

 

 かりに、第三のカードXが出てきたら、どうしますか。一枚の写真を

もとに、二人が絵を描けば(素人目には)そっくりの作品ができます。

 どちらかが真似したり盗まなくても、二枚の絵は成立するのです。

 

 スギ画伯は「彼は私のアトリエで写真を撮って帰った」と語りました。

 スギ画伯は、写真を撮らないのでしょうか。いつも彼は記憶によって

描くのでしょうか。それともアトリエで、モデルを雇うのでしょうか? 

 

 わたしは、スギ画伯も、写真を見て描いていると思います。

 スギ画伯が写真を見て描いた作品を、ワダ教授が撮影して帰った‥‥。

 おそらく、ワダ教授は、最初に誰が撮影したかを知っているのです。

 

 sukeshi さんの推理は、いよいよ核心に迫りつつあります。

 名誉と仲間と顧客を失なったワダ教授が、なにひとつ失なっていない

スギ画伯に、償いをすることはないでしょう。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません